風ニ負ケヌ草トナリ、雨ニ負ケヌ花ヲ咲カセル。私ハソンナ人間デアリタイ。


by masami_ws

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:内角高め158㎞( 34 )

大人なら大人にしかできない楽しみを持て

 世界には、スマホ片手に都会の街をうろつき、ポケモンを探し回る大人もいれば、自動小銃片手に戦場を駆け、食糧を探し回る少年兵もいる。平和はいいことだが、大人が大人ではなくなる平和って何だろうと思う。

 ということで、今時こんなをこと言うとつまらないオッサンだと言われることを覚悟で、昨日の「今週の朝礼」を掲載します。

この山の頂上にも、なんと皇居にもポケモンはいるらしい。いやはやいやはや、なんだかなあ。
f0054720_09040937.jpg


今週の朝礼「大人なら大人にしかできない楽しみを持て」
 ポケモンGOというネットゲームがついに日本に入ってきてブームになっているようです。皆さんの中で、既にインストールした人はどれくらいいるでしょうか。ただ、ニュースでスマホ片手に色々な場所を歩き回る人たちを見るとちょっと奇妙な感じがします。

 これから子供の夏休みの思い出は、野山での昆虫採集ではなく都会でのポケモン採集になるのかもしれないと思うと複雑な思いもします。しかし一方では、夢のある未来的な遊びとも言えるので、人間の創造性の賜物と称賛すべきところもあるのかもしれません。

 それはさておき、ここからはごくつまらない大人な話をしますが、結論から言うとスマホなどのゲームは大人になったらほどほどに、ということです。これは少年漫画についても言えることですが、子供向けのものはあくまでも子供向けのものと思うのが普通です。

 通勤電車でいい歳をしたオッサンが堂々と少年ジャンプを発売日に夢中で読んでいる。または、日経新聞を読んでいる。皆さんが、ああこの人は大人だな、と思うのは普通どちらでしょう。子供心は忘れてはいけませんが、幼稚なままでいろということではありません。

  少年漫画は、大人になる前に人生をさまざまに疑似体験させてくれる通過儀礼として意味のある物です。「友情」「努力」「勝利」をキーワードとした少年ジャンプ的世界観は、今の日本の社会を健全に支えてくれている精神的バックボーンでもあります。

 また、ゲームもストレス発散という意味では時に役に立つものかもしれません。疑似体験で悪者をやっつけるとか、小さな達成感を得るという体験は悪いことではありません。ただ大人には、本当に倒すべき相手や達成すべきことが現実にあることを忘れてはいけません。

  もう大人なら、息子の買った漫画やゲームをこっそり楽しむくらいにしてほしいのです。いい大人が、少年ジャンプの発売日を心待ちにしている姿、人目も気にせずスマホのゲームに血眼になって熱中している姿。これらは、大人の美意識としてどうでしょうか。

 大人の美意識という言葉に抵抗があれば、例えばそれがビジネスの相手だったり、自分の大きな買い物をするときの営業マンだとしたらどうでしょう。お客の見てないところでは、暇さえあれば漫画やゲームに熱中している、そんな人をあなたは信頼しますか。

 よもや仕事中にゲームをする不届き者は会社にはいないと信じていますが、ポケモンなども話題にとどめて、いい大人がのめりこむようなことのないようくれぐれもお願いしたいと思います。大人なら大人にしか出来ない楽しみを見つけてほしいと思うのです。

by masami_ws | 2016-07-26 06:30 | 内角高め158㎞

下町ロケット「佃製作所」の問題点

 「佃製作所」という会社を知っているだろうか。人気ドラマ「下町ロケット」の主人公、佃航平が社長を務める会社で、大田区の多摩川っぺり(第二京浜のそば)にある機械部品メーカーだ。

 ドラマでは、この会社の持つロケットエンジン部品に関する特許使用権を買い取ろうとする大企業「帝国重工」に対してそれを断固拒否。あくまでも自社製部品の供給を要求し、苦闘の末ついにはそれを飲ませる快挙を成し遂げる社長と社員達の姿が描かれる。

 その過程で、ああこんな銀行員、こんな元請け会社あるよな、こんな上司、こんな部下もいるよな、と「あるある話」が面白く描かれていて飽きずに観られるのがこの原作者の上手いところだ。

 ただ、現実にはちょっと辛辣に突っ込んでみたくなるところも多い。中でも気になることは、やたらと社員たちが徹夜の突貫作業をするシーンが多いことだ。

 確かに、元請けからの苛酷な要求や時間的制約の中で、全員が一丸となって「佃品質、佃プライド」を掲げ社員たちは頑張った。このように不眠不休でジャック・バウアー的に頑張る
(わからん人にはわからん表現ゴメン)ことはウツクシイことだ。

 でも労務環境として見た時、これってどうなんだろう。「学園祭の前夜」的な熱狂や一時の達成感で仕事をすることは、体験としてはあってもいいが毎日毎月毎年がこの繰り返しでは、労其の査察が来る前に社員が持たない。

 ということで、佃製作所の佃航平社長に言いたい。貴社にはいざという時に頑張れる愛社精神と情熱にあふれた素晴らしい社員たちがいる。それはとても良いことだけれども、会社は社員の頑張りや情熱に頼り過ぎてはいけないのだ

 厳しい見方かもしれないが、いつも締切間近になってからとか、大きな課題がある時だけドラマチックな努力をするというのは、決していいことではない。

 備長炭の火のように、コンスタントに強い熱を放って長時間燃え続ける意欲をどう作り上げるか、それを社長は考えるべきだ。ということで結論!3KMをやりなさい!佃航平社長!

f0054720_17301438.jpg
写真は「下町ロケット」のロケが行われた大田区の桂川精螺(せいら)製作所。素晴らしい会社だ。テレビでは赤い文字のところに佃製作所のロゴがCGで入る。


by masami_ws | 2015-11-20 17:43 | 内角高め158㎞

やりすぎはいけない!

 
f0054720_16573639.jpg

 フランスでのイスラム過激派によるテロは、いかなる理由があるにせよ赦せるものではない。テロを正当化する理由など絶対にない。亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りしつつ、そのことを前提に置いて、書いておきたいことがある。

 人の怒りのスイッチを入れる大きな要因に、「自分が大事に思っているものを傷付けられる」ということがある。ジダンは試合中に家族を侮辱する言葉を吐いた相手選手に思わず頭突きを食らわせた。「お前の母ちゃん、で~べ~そ」というのは、子どもの間の最大の罵り言葉だ。

 昨年末、アメリカのソニーピクチャーズが金正恩の暗殺を面白おかしく描いた映画「ザ・インタビュー」が上映された。例えばこれが、誰か私たちにとってもっと身近な人物を暗殺するという話だったらどうだろうか。北朝鮮によるサイバー・テロはもちろん赦せないが、神のごとく崇める将軍様をあんな風に扱う映画は絶対許せない、という北朝鮮の人々の怒りも分からなくはない。

 もし天皇陛下が映画の中で同様に描かれたとしたら、同じように怒り狂ってテロ行為に走る日本人が出る、ということは十分に考えられることだ。国会議事堂の前でデモを行なっている一団の中に、安倍首相の大きな顔写真にヒットラー髭を描いて掲げている人がいた。ナマで目の前でそれを見たときに、思想の是非についてではなく、その手法に何か大きな違和感を感じた。

 そこには何の主張もユーモアも感じられず、ただただ相手を貶(おとし)めたいという意図しか感じられなかったからだ。事件のあった新聞が、震災後、フクシマの原発事故に関して、放射能の影響で腕が三本に突然変異?した相撲取りの漫画を掲載したのを見たときと同じで、何か心がぐったりした気分になった。

 件(くだん)の新聞では風刺漫画で、イスラム教徒にとってもっとも大事なマホメットを、再三にわたって揶揄してきたという。尊崇の念を持って信仰する対象を侮辱された、というのは政治家を批判することの比ではない。確実に傷付けられ、怒りに身もだえするイスラム信者がいることは間違いない。

 ティム・ライスとアンドリュー・ロイド・ウェッバーがキリストの人間的苦悩を描いたミュージカル「ジーザズ・クライスト・スーパースター」を発表した時に、一部のキリスト原理主義者たちは、それこそテロ的な反対運動を展開し上演の阻止行動に走った。イスラム教徒もキリスト教徒も似たり寄ったりの行動をしているのだ。 

 幸い、八百万の神を認め、暮れにはクリスマスを祝い、新年には神社に初詣し、寺で葬式をする日本人は、他者の信仰する神に対しても、比較的容認し尊敬の念で接するという気風があるような気がする。だから、こと宗教に関してはそれほどやり過ぎないと信じている。

 いずれにしても、表現の自由は、人を不快にさせたり、心を傷付けたりしない範囲の中で許されることだ。ときにアイロニーの持つ毒性が効き過ぎて、人の心を深く抉っていることに、表現者は気付かねばならない。何事も、やりすぎはいけないのである。
by masami_ws | 2015-01-15 16:58 | 内角高め158㎞

リメイク無残

 山田洋次が自らの35年前の名作「幸福の黄色いハンカチ」のリメイク版を監修したというので期待して観た日テレの「幸福の黄色いハンカチ」。なんだかなあ。

 フィルムとビデオの重みの違い、というか登場人物が全て軽くてリアリティーがない。酪農家の主婦役として出ていた賠償千恵子、警察署長役の武田鉄矢、そして宿の女主人役で(ちょっとメイクは姥捨て山だったものの)存在感を見せた草笛光子だけが芝居をしていた。他にこのドラマの見どころを探せば、北海道の風景。羽幌の町並みや焼尻の島影、牧場の風景などしかない。

 それ以外のキャストは、ストーリーの中心になる夫婦はなぜか夫も妻も元モデルだわ、狂言回しの若者役は、演技過剰がいかにも素人くさいわ、相手役の堀北は相変わらず大根だわで、落ち着かないことこの上ない。
 とにかく、間違ってこのTVドラマを観てしまった人は、77年の高倉健主演松竹作品「幸福の黄色いハンカチ」を観てほしい。

 クライマックスで、たくさんの黄色いハンカチが、満艦飾さながら青空に翻るシーンは、劇中では真夏の設定。ところが撮影が長引き、このシーンはかなり寒くなった晩秋に撮られたという。

 なかなか雲が晴れず、天気待ちで待機している間、寒風の中、夏の半袖の扮装のまま戸外で立って待っている高倉健を心配した桃井かおりに「健さん(暖かい暖房のある待機小屋の)中で待つように言ってきたら」と促された武田鉄矢。
 
 健さんにそう言いにいくと、

「何年も刑務所にいた自分を妻が待っていてくれるか、不安な気持ちで見に来た男を演じるには、ここで待っているしかないんです」

 と言ったそうな。ハンカチを見上げるあの一瞬の表情は、そういう背景があって撮られたものだ。
もう一度言う。間違って今夜のTVドラマを観てしまった人は、77年の高倉健主演松竹作品「幸福の黄色いハンカチ」を観てほしい。いや、絶対に観るべきである。



 

 
by masami_ws | 2011-10-10 23:45 | 内角高め158㎞

本当の「背面飛行」とは

 映画「トップガン」(1986)冒頭で、トム・クルーズ演ずる主人公マーべリックがF14トムキャット戦闘機を駆って、ミグ戦闘機との、実弾を発射しないけん制試合のような空中戦をするシーンがある。
f0054720_21585100.jpg
これがF14トムキャット、可変翼が特徴だ

 いやはや、いきなりマニアックな話で恐縮だが、続き。なお、飛行機のことがまったくわからない人のために( )内に解説を入れてありますので悪しからず。

 さて、僚友「クーガー」をミサイルレーダーでロックオンするなどしてビビらせたミグ(ただしもちろん映画ではホンモノではなくアメリカのF5戦闘機を怪しげな黒色に塗装した敵機役)にひと泡吹かせようとしたマーべリックが取った行動が凄い。
 マーべリックを見失い焦ったミグのパイロットが上を見上げると、なんと背面(裏返しということです)になったマーべリックのF14がキャノピー(人が乗っているあの透明なところ)とキャノピーが僅か1mくらいに平行に接近(ちなみに、これはどう見てもジェット戦闘機同士の機動としては、クルマなら時速100kmで1cmの距離に近づくのに等しいくらい危ない!)、同速で飛びながら親指を立てて見せ、あわてるミグのパイロットをポラロイドカメラで撮影するのである。
 

 なんで、こんな古い映画の話を持ち出したかというと、本物の「背面飛行」というのは、ああいうのを言うのだと教えたかったからだ。

 全日空のボーイング737型機が、副操縦士のミスで「背面飛行」した、というニュースで大騒ぎになっているが、航空用語としてはどうも違和感がある

 一般的には「背面飛行」というのは、飛行機が背面で水平に「安定した状態」(推力、揚力、抗力、重力の釣り合った状態)で失速せずに飛行するという、極めて不自然で特殊な状態を指す言葉だ。
 つまりこのとき、この飛行機は機能としては完全に上下が逆転している。
 当然、背面飛行が可能な(つまり裏返しでも何とか飛べる)機体というのは、戦闘機やアクロバットを専門とする曲技機に限られるし、パイロットには相当の技量としっかりした(自分の体重を支えながら操縦のできる)シートベルトが要求される。

 ということで、結論は全日空機は「背面飛行」したのではなく、一時的に姿勢が背面に近いところまで90度以上に「傾いた」というべきだろう。事実、乗客の多くが異変に気付かなかったというが、これは機体の上下の機能が逆転していなかったからで、宙返りジェットコースターに乗っているのと原理は一緒だ。

 B737が実際に背面飛行出来るかという性能の問題は別にして、もし本当に「背面飛行」していたとしたら、乗客は一斉にあの細いシートベルトで腹のところを持ち上げられた格好で、洗濯ロープに干されたセーターよろしく機内に逆さまにぶら下がる格好になったはず。ありえない話だ。

 「全日空機、背面飛行!!」などとマスコミが大げさに使う言葉には煽動の匂いがしてならない。所詮、自然科学的素養のない一般大衆には「背面飛行」が一番センセーショナルでわかりやすいだろう、という作り手の驕りも感じられる。

 今日の結論。私たちは、こういうマスコミの繰り出す言葉に騙されてはいけないのである。
本当は「トップガン」の話…そう、あのトム・クルーズの恋人役のケリー・マクギリスや、G-1やMA-1(どちらもパイロット用ジャンパー)の話をしたかったのになあ。またこんど。
by masami_ws | 2011-10-02 23:32 | 内角高め158㎞

銀行員な、あまりに銀行員な人々 その2

 というわけで、翌日わざわざ法務局で印鑑証明書謄本を取りなおし、それを持って隣駅のO支店へ。
 だがそこで、ちょっと意地悪心が働いて試しに昨日のS支店で断られた古いほうの印鑑証明書を出してみた。ここで通ったら、さっきかかった印紙代500円プラス交通費プラス諸経費をS支店のSクマとかいう支店長代理に請求してやろうと思ったのだ。

 うーむ、しかしそこは同じ「アルファベット入りのやたら長い名前の某都市銀行」だけのことはある。やはり日付が古いと言われてしまった。
 そおかそおか仕方ない、窓口の女性に罪はない。そこで葉書に証明書の期限が書かれていないことについて嫌味を言いつつ

「そういうこともあろうかと思って今日新しいの取ってきたのだよ」

と、いう感じで新しいほうのを出してやった。ところが、だ次の言葉に驚いた。

「会社の登記簿謄本も必要です」

 ちちちちちちょと待てい!昨日の記事の写真にある記述を見て欲しい。

(法人のお客様:商業登記簿謄本・印鑑証明書など)

と、あるがこれは普通、どちらかという意味ではないのか?もし両方必要なら「商業登記簿謄本及び印鑑証明書」とか「商業登記簿謄本印鑑証明書」と書くのが普通ではないか。

 なおかつ、昨日のS支店では、印鑑証明書の発行日のみが問題とされ、登記簿謄本も足りないなどとは一言も言われなかった。これも不思議なことだ。

 ということで窓口でもめていると、またまた上司らしき男性…ちなみにお客に話すのに身分も明かさず(ましてや名刺を出すなんてする訳がない!)でもTケウチという名札はしっかり確認したぞ…が割り込んできて、出来ないものは出来ないの一点張り。

 それじゃあ、葉書の言葉をどう解釈するのか、日本語的に貴方ならどう受け止めるか、と迫っても、Tケウチ支店長代理(か、代理になりそこね…だって名刺貰ってないから勝手に予想するしかないだろ)は例の銀行員特有の慇懃無礼度200%の態度で

「しかしながら私どもはお客様の大切な預金をお預かりしており…」

などと、昨日のS支店Sクマ支店長代理にさらに輪をかけて失礼な態度だ。

(ええい、こんちくしょう、こちとらてめえらからびた一文借金してるわけでもねえぞ!なにもコワいものなどないから、今に見ておれこのTケウチ支店長代理か代理になりそこね!)

と、心でつぶやき席を蹴ったのは言うまでもない。

ところが、このあと意外な展開に(つづく
by masami_ws | 2010-09-01 13:54 | 内角高め158㎞

死刑囚の命は鴻毛より軽ろし?

 死刑制度の是非についてはさまざまな意見のあるところだ。これに関して云々する気はない。
ただし今回の「死刑制度反対派」法相による唐突な死刑執行については、頭の中に?が300個くらい点滅する。

 そもそも、死刑制度肯定派に言わせれば、100名を超える凶悪死刑犯を収監したまま懲役も科さずに生かしていることに大いに疑問を感じている、ということになる。しかし、彼らとて死刑囚の命が虫けらのように軽いものだと思っているわけではない。

 むしろ、重い罪を償えるものは「重い命」以外にない、というのが死刑制度支持の論拠であり、人の命が重いものであるという前提がそこにはある。一理も二理もある。

 一方、死刑制度反対派は、犯罪者と言えども人の命を人が裁いてはならない、と訴える。「目には目を、殺人には死刑を」という短絡的な発想は間違いで、いかに凶悪犯と言えども人の命は重いのだ、という思想が根底にある。これまた一理ある。

 そして今回の死刑執行。今まで死刑制度反対を標榜してきた参院落選議員の千葉法相が、政局的判断で断行した(と断定しても構わないだろう)。いざとなったら、死刑囚の命を、政局の道具として虫けらの命のように「使った」この人とその周囲の感覚には、人間として嫌悪感を禁じえない。

 こんな吐き気をもよおす政治家に、人権、命、愛、幸福などを語ってほしくはないのである。
by masami_ws | 2010-07-29 00:54 | 内角高め158㎞

雇われ経営者と政治家の共通点

 欧米流企業経営の落とし穴は、資本家に雇われた経営者が短期の損益計算書上の利益のみを目標として経営をしてしまうところだ。

 本来、経営で求めるべき重要な数値目標はプロセスを意味する損益計算書上にはない。むしろ結果として大切なのは貸借対照表(バランスシート)に表わされる数値だ。

 また、金銭では測れない価値…例えば人的資源の蓄積など…も見落としてはいけない。リストラによって目先の利益が回復しても、企業としての体力が落ちてしまっては意味がない。

 にもかかわらず、雇われ経営者が、なぜ未来と引き換えに目先の利益ばかり追ってしまうのか、というと彼らがそれによって評価される、という現実があるからだ。

 これは選挙によって評価される政治家にも、よく似た状況がある。選挙のための政治と目先の利益のための経営とは、どちらも長期的視点の欠如という点で相通ずるものがある。

 夏の参院選に向け、与野党の攻防から目が離せない。我々有権者にも、目先の利益ではなく長期的な展望で一票を投じる賢明さが求められる。日本の未来は、今、このあたりにかかっているのかもしれない。
f0054720_1604193.jpg

by masami_ws | 2010-03-23 16:00 | 内角高め158㎞

お笑い大型連休

 景気対策として、秋にも大型連休を作れ、それも地区別に分けて混雑などの緩和を図りながら、というような案が出てきた。うーむ、自民、民主と政権政党が変わっても、日本人的貧乏性感覚は引き継がれている。いや、いろんな政党が入り込んでいるからか、その傾向はよりセコくなっているかもしれない。

 ずいぶん昔、フランスのクレッソンとかいう女性首相が来日して「日本人はアリのように働くが効率が悪い」とバカにして帰ったことがある。そのときは、世界の「死の商人」として儲ける武器輸出大国のフランス人がコノヤローと思ったものだが、彼らの平均的バカンスとは4週間くらいを指す。

 そんな感覚から見たら「はーい、関東甲信越の皆さーん5日間の連休取りなさーい」「はーい、来週は東北の皆さーんですよー!お金一杯使いましょう」などと、強制的に行政が休みを取らせる仕組みというのは、笑い殺されるくらいのことはある。日本のお役人が考えそうな、何とも言えない貧乏臭さと、マスゲーム的全体主義とでも言うべき愚かさを感じる。

 自民党時代もそうだったが、高速代安くしてやるからほらほら週末はうんと遠くへ行ってカネ使っといで、とかその延長で、いやウチはタダにしてやっから民主党に入れろとか、子ども手当ありがたくない?そんなこたあないはず、ありがたいでしょう、と押しつけてくるあたり、どうもこの国の政治家というのは、国民をナメているとしか思えない。

 今、必要なことは目先の休みを国が強制して取らせるとか、結局、生活費などどこへ消えるか分からない子ども手当を逐次投入してばら撒くことではない。この国の国民が自律的に生きられる仕組みを作り、意識改革を図ることが大きな課題なのだ。

 むしろ休みについては、役所はじめ公共機関はコンビニ並みに年中無休として、企業は任意に休日を決められるようにする。ただし休日の日数だけは法で定める。子ども手当は地方自治体レベルに教育関連費用として投下し、地域ごとの事情に応じて有効活用する。などといった(反対者も当然出そうな)抜本策は出てこないものか。

 実は、世界に冠たるトヨタ自動車の地元では、国が定めた休日祝日とは一切関係なく、地域全体が「トヨタのカレンダー」で動いている。一週間単位で操業計画を立てる上では、不定期の祝日などは不都合なので、すべてまとめて休む仕組みだ。いやはや、そこまで徹底して結局は、地域も人も企業も幸せになり、真の自律(立)が得られるというのならそれもいいのだ。

ほんの四五日や一週間程度の連休を「大型」などと思い込まされているうちは、日本人にとって真の豊かさの人生はほど遠いものなのかも知れない。
f0054720_22524293.jpg


 
by masami_ws | 2010-03-08 22:52 | 内角高め158㎞

みんな頑張れといいたいが…

 先月、古臭い響きのある「公約」をちょっとカッコいい「マニフェスト」と言い換えただけの政治家たちの言葉やイメージのすり替えに騙されてはいけない、というようなことを書いた。
 昨日も書いたように確かにイメージは重要。気の毒だがどこぞで落選したK元首相の姿などはいかにも「昭和の妖怪」というイメージ。あれでは清新なイメージのM党候補者たちには勝てまい。

 しかし今回の「政権交代」で、同じような政治家達のイメージだけの政党名のすり替えに国民は騙されてはいけない。というのもM党と言えども旧JM党非主流派が、紆余曲折の後JM党のJだけ取ってM党となっただけ。兄弟やかつての盟友、師弟が、両党にまたがって存在するすることが何よりの証左。これが真の政権交代と言えるかということだ。

 以前からKM党を味方につけていたJM党に対し、左はSM党から右はKS党まで、もっと左のKY党以外の反JM勢力をある意味節操なく取り込んだM党が国民にかなり無茶な約束をして大勝した今回の選挙だが、結果は旧JM党非主流派が主流派に勝ったという程度でしかない。

 JM党の「昭和の妖怪」的イメージを実はそのまま持っていて本当は現JM党以上にJM党的体質のM党OZ氏やKS党KM氏などが、選挙では前面に出ずに成功したとも言えるM党。
気分も一新して張り切って行こうというこのM党に水を差すつもりはないが、実は両氏などが強い影響力を持つ旧JM非主流派M党の今後を、私達は期待しつつ注視しなければいけない。
f0054720_2324267.jpg

by masami_ws | 2009-09-01 23:15 | 内角高め158㎞

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月

お気に入りブログ

Go for it! ~...
続 敵は我にあり
京都・ぶら~り・お散歩日和

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

社長・経営者
経営・ビジネス

画像一覧