風ニ負ケヌ草トナリ、雨ニ負ケヌ花ヲ咲カセル。私ハソンナ人間デアリタイ。


by masami_ws

プロフィールを見る
画像一覧

<   2007年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

悲しいこと

 先日、某大臣の「アルツハイマーでもわかる」発言について、これは表現の問題というよりはご本人の思いやりの問題だと書いたが、もう一つ、このときの報道でいや~な感じがすることを書く。
 このときの発言をVTRで何度か見たが、ご本人が例の発言をしたあと、会場の聴衆からガハハハというような笑いが起きていることだ。大受けで爆笑というのとは違う。エライ先生がなにか面白いことを言ったので、とりあえず笑っとこうというアレだ。
 こんなとき、欧米ならおそらく即座に批判を込めた「No!」「Boo!」「Oh!」などの声が上がったはずだ。欧米人が何でも優れているわけではないが、互いの民族性をからかうエスニック・ジョークをあれだけ楽しむ彼らでも、そのユーモアセンスは病者を揶揄するような差別的発言には非常に敏感だからだ。
 鈍感な外務大臣の発言に鈍感な国民が受けている図を外国の人々はいったいどんなふうに見るだろうか。この外務大臣に相応しいレベルのユーモアセンスしか持たない国民が、本当に国家の品格を主張できるのか。あのVTRを見るたび暗澹たる気持ちになるのである。
f0054720_23251285.jpg
あの外相、漫画が好きで有名らしいがたまにはこういう活字の本も読めよな 
 
 
by masami_ws | 2007-07-31 23:26 | 直球勝負!

幸せを呼ぶガチャピン娘!こんなに綺麗になったズラ!

 昨日は、群馬県の太田で夢現クラブ会員のYシカワ社長の結婚式にお招きいただいた。
「感動的にいい子だ!」
とオイラが一目見て気に入った花嫁のサチちゃんは、アタマが利れ過ぎるくらい利れるYシカワ社長にない感性の輝きを持っている。何せ、ほとんど初対面で彼女はニコニコしながらオイラにどんぐりと松ぽっくりをくれた!?のだ。周囲の人を癒し、幸せにする不思議な人だ。
 ガチャピンに似ている、とYシカワ社長から聞いていたが、本当に似ている。(下の写真の中のどこかに、そのガチャピンが隠れている。わかるだろうか)でも、きのうはおとぎ話そのままに魔法でガチャピンがお姫様に生まれ変わったように綺麗だった。
 ガチャピンに似ていてもいい、声がかわいいハスキーボイスでも、自分のことをつい「オラ」と言ってしまったり、「~です。」の代わりに「~ズラ。」と言ってしまってもいい。
 幸せになるのだよ!
f0054720_1650830.jpg
f0054720_16533117.jpg
f0054720_16534616.jpg
f0054720_175118.jpg
f0054720_1755712.jpg
f0054720_1761159.jpg
f0054720_1763316.jpg

by masami_ws | 2007-07-30 17:06 | 乾杯!

テレビの前でバカ化したオイラ

 前回(24日)復活したものの、再びダウン、結局まるまる二日間何もしないで家で、うとうとしながらテレビのニュースやワイドショーを見るともなく見るという、人生の無駄使いをしてしまった。

 それにしても日本のテレビというのはよくもまあ、シリアスな震災のニュースや裁判の経過、また政治ネタとを愚にもつかない芸能ゴシップとごった煮にして、これでもかとばかりに放出し続けるものだ。うーむ、視聴者である国民をバカ化しようとしているとしか思えん!

 結果としてどんなオソロシいことが起こったかというと…オイラはこの数日間だけでも、草刈正雄の娘が映画デビューしたことや、小柳ルミ子の27歳年下の恋人が「夜明けの停車場」の石橋正次の息子で、しかし本人には結婚の意志はないこと、などのオイラの人生にまったくなんの関係もないことに!かなり詳しくなってしまい、それでなくとも記憶領域が残り少ない脳味噌を無駄に使ってしまっている。ええい、秋吉久美子が今のところ26歳差で芸能界年上女房日本一なんて知っててどうすんじゃ~!

うお~っ!オレのバカ化した記憶容量返せえ~っ!
だいたい、流行の脳内メーカーで調べたらオイラの脳は食うことしかなくなっていたあ!愕然!中川理巳の脳内
by masami_ws | 2007-07-26 23:47 | ビーンボール163㎞

社内報「たんぽぽ」より…出来立てほやほやの原稿です!

 毎月、20年ちかく続けてきた土屋グループ社内報「たんぽぽ」のコラム「3KMだより」の原稿を、鼻水及び発熱と闘いながらやっと仕上げた。くじけそうになるボクが頑張れたのも、美人のKガヤ編集長の激励の賜物、ありがとうございましたあ。

「話すことの難しさ」の巻

 相変わらず、ときおり政治家の失言が取り沙汰される。
 信念に基づくものなら致し方ない。その信念が国民に受け容れられるものなのか問えばいい。
 問題は、気の利いた冗談をご本人が言ったつもりで、他人を傷付けているような、一見「軽い」失言だ。
 某氏の「(こんな簡単なことは)アルツハイマーでもわかる」という発言は、表現の問題ではない。人間としての優しさの問題だ。
 政治家にとって話す力すなわち「話力」は大切なもので、さすがに国政クラスの政治家はそれなりの「話力」を持っている。しかし、それに驕って無思慮な発言をして墓穴を掘るというケースは今回だけではない。

* * * * *

 代表的な話し方の失敗を挙げる。まずペダンチックな話。日常的でない「ペダンチック」などという言葉を使うこと自体がそれそのものなのだが、日本語で衒学(げんがく)趣味という。
 敢えて知識や教養をひけらかすような話し方のことだが、そんな回りくどい言い方ではなく北海道の言葉ならひとことで済む。イイフリコキだ
 若い頃から芥川賞作家として鳴らした感性と一橋大卒の教養に相当な自信をお持ちの某都知事。記者会見などでは、ハナから記者をバカにしてかかる。七〇歳を過ぎてその傾向は著しい。
 副知事に迎えた人物を評して
「彼は三島由紀夫に対しても素晴らしいコウショウをしていますし…コウショウのコウは考えるにショウは証明のショウね…」
と、説明した。「考証」を「交渉」と間違える無教養な記者がいることをオレは知ってるぞ、という態度が見え見えではないか。
 こういう人は畏れられても共感はされにくい。いかにインテリで書き言葉のプロであっても、話し言葉のプロであった宮崎県知事に人気で敵わないのはこんな話し方の失敗があるかもしれない。

* * * * *

 元・アナウンサーの鈴木健二氏のような本当に上手な話し手というものは、漢字で書かなければ理解・判別できない言葉は極力使わない。これは専門用語や外来語などにも言える。
 自分が格調高いと自己満足することと、聞き手の理解・共感を得るということはまったく別だ。
 セールスマンは、自分が物識りであることをひけらかすのではなく、お客様から理解・共感をいただくのが目的だ。相手のわからない言葉を使っていてどうする。
 伝わる話し方をしたければ、難しい熟語や一般的でない外来語はなるべく使わない。
目安としては自分で書けない漢字を話の中で使わない!というのはどうだろうか。
 また、話の原稿をPCワープロで起こすと、普段使わないような熟語が書けてしまうので要注意だ。
 四文字熟語を取って付けたような話し方は、お相撲さんの挨拶ぐらいにして欲しいものだ

* * * * *

 一応、研修などで人前で話す機会が多いので「話し方のコツは何ですか」と尋ねられることがある。
 結論から言うと、この質問は「ゴルフのコツは何ですか」という質問が無意味であるのと同じくらい無意味だ。実はコツなどない。原理原則があるだけだ。
 最後にそれを書いておく。なあんだそんな当たり前のことかとがっかりしないでほしい。

話し方の原理原則

①話す前に身だしなみ、正しい基本動作、よい表情が大前提

②聞き手に十分伝わる明るくはっきりと大きな声と話し方

③聞き手の理解・共感が目的であることを常に忘れない

④聞き手にはいろいろな人がいることに対する徹底した配慮


話し方のプロ、河内優一氏のNLPコミュニケーションライヴセミナーは大好評につき8月25日(土)にも開講!お申し込みは土屋経営
f0054720_14124977.jpg

by masami_ws | 2007-07-24 14:17

なんとか復活!

↓下の情けない記事に皆さんから暖かいコメントをいただき有難うございました。
 この3日間は生まれてこのかたこんなに寝たことがないというほど寝ました。
 今朝からは何とか社会復帰、2㎏体重も減って身も心もかるくなって頑張ります!
by masami_ws | 2007-07-23 08:21 | 直球勝負!

ダウンだあ

f0054720_9565191.jpg

まったく情けない話だが、昨日から熱を出して寝込んでいる。
 …ったくう!風邪引き禁止を事務所のルールにしていたオイラもついにヤキが回ったなあ。コンチクショー
by masami_ws | 2007-07-21 09:56 | 直球勝負!

か、かんべんしてくれ~

 昨日のタナカヒデキ現象が続いている。2時間も格闘して4回書きかけの記事が飛んだ。ベテラン・エキサイターの方でこの現象の防止法や復旧法を知っている方はぜひ教えてくれい!

 ということで、京都の姐さんが期待している「オイラの後頭部ハゲはなぜ出来たか…47年目の真実」のアップは明日ワードで打って貼り付けてという方向で考えているので乞う御期待。まずは写真のみアップするぞ。
f0054720_23312291.jpg
近所の洋裁学校のモデルに借り出された「聡明な3歳の坊ちゃん」であったオイラ。「聡明な3頭身の坊ちゃん」でもある!
by masami_ws | 2007-07-18 23:33 | ひょうろく球

出たっ!TナカHデキ現象

 TナカHデキ現象というのをご存知だろうか。最初にこの現象を体験・発表した人物に因んで命名された現象で、あの有名な「青木真理子現象」(書店に行くとトイレ、それも大のほうに行きたくなるというアレだ)と同じ命名法だ。
 
 さてそのTナカHデキ現象とは「ブログを打ち始めて、おお今日の記事はなかなかいいぞ、しかも大作だあ、と思って更新する寸前に、なぜかキー操作を誤って全て記事が消えてしまう」というもの。

 実は、今日オイラの後頭部にある小さなハゲの真相について47年前のナゾを告白というとても面白い大作をアップしようとしていた寸前、全て消えてしまったところだ。1ヶ月に1回は体験するTナカHデキ現象…
くくくくくくくやしいいいいいいいいい
f0054720_2346414.jpg
去年の写真で済みません!これがTナカHデキ氏、ゴルフで100は切ったのだろうか?
by masami_ws | 2007-07-17 23:47 | ひょうろく球

地震国の建設業界の使命

 きっと、これはどこかで激しい地震が起きていると確信させる不気味で大きくゆっくりとした揺れが、関東でもかなり長い時間続いた。今朝の中越沖地震、台風一過、休日の朝の平和は、地球の身震い一つで破られ、そして今日も貴重な命が奪われた。

 12年前の阪神淡路大震災では、土屋グループからも大工経験者を中心に20名ほどの社員がボランティアとして現地に派遣された。仮設住宅の建築などに腕を振るうつもりだった彼らを待っていたのは、倒壊家屋の撤去作業の毎日だったという。

 北海道に帰ってきた社員たちの感想は印象的だった。
「明らかに間違った設計、杜撰な工事、危険な建築物の放置によって人の命が奪われている現場がたくさんあって、同じ建設業界にいる者として情けなかった」

 耐震データー偽装事件やリフォームを騙る詐欺など、建設業界の風上にもおけないとんでもない輩もいる昨今だが、やはりこの国の建設業界の使命のひとつは、地震が来ても決して人を殺さない建物をどれだけ多く増やして行くか、ということだろう。
 建設業は「命を守る」ことが基本。そのことを決して忘れてはいけないのである。
f0054720_2318621.jpg

 
by masami_ws | 2007-07-16 23:18 | 直球勝負!

13日の金曜日

 朝の電車の中で、ビシッとNエビア化粧品のイラストのような化粧をした、しかしかなりガタイのよい…ばんえい競馬で橇を引く馬のような印象の…中年の女性が眼の前に立っていた。
 馬の後ろに立つのは蹴られる可能性がありとても危険なことだが、なんとなく同じような不安があった。
 そして、何だか危ないぞ!と思っていたら案の定、必ず揺れる表参道駅手前で後ろによろめいて、この人の履いていた凶器のように細いピンヒールがオイラの右の靴…最近買ったウォーキング・ビジネスで不幸にもしなやかな薄い皮で軽量に出来ている!…の親指と人差し指の付け根の少し上、骨と骨の間の柔らかい軟骨の部分に食い込んだ。

「いつう!」思わず意味不明の悲鳴を上げたオイラに、

「あらゴメンなさい」って言ってくれる前に、その踏ん付けてる踵を上げるのが先でしょうが。

…本当に痛かったが、あんまり痛がっているのも男らしくないのでぐっと我慢…と思ったら、永田町駅手前でまたまた踏まれた。

「いつう!」

 ということで、今日は何の日だったかと考えたら13日の金曜日だった。いやはやいやはや…
f0054720_822457.jpg

うちの愛亀。右からコシアン、シロアン、ツブアン。
by masami_ws | 2007-07-13 23:52 | ひょうろく球

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月

お気に入りブログ

Go for it! ~...
続 敵は我にあり
京都・ぶら~り・お散歩日和

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

社長・経営者
経営・ビジネス

画像一覧