風ニ負ケヌ草トナリ、雨ニ負ケヌ花ヲ咲カセル。私ハソンナ人間デアリタイ。


by masami_ws

プロフィールを見る
画像一覧

<   2007年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

もういくつ寝ると…

f0054720_14302687.jpg

…って歌があるが、たいていの大人は昔ほどたいして見たくもないのに、これを見ないと年が明けないような強迫観念に駆られて紅白歌合戦などを見てしまい、そして惰性で「ゆく年くる年」なども見てしまい…あの「蛍の光」の大合唱のあと急に静寂の中で除夜の鐘がゴーンと鳴る雰囲気がたまらないというマニアもいるようだが…結局大晦日は元旦まで寝ない。
また紅白は嫌いという人もサザンオールスターズの横浜アリーナのライブなど見ているから大晦日は寝ない。
ということは年越しの酒を飲み過ぎて紅白でヒット曲もたいしてないくせになぜか毎年出て来る谷村新司あたりのところで寝込んでしまった不運なオヤジ…こういうオヤジに限ってあとでどうしてサブちゃんのところで起こしてくれなかったんだと家族に文句を言う…以外の全ての人は大晦日は寝ない。

ということでだらだら書いて何が言いたいかというと、大晦日になってしまったら、誰も「もういくつ寝ると」と勘定しなくてももうお正月は来ているということだ。
うーむ何かと忙しい大晦日にここまで読んでくれたアナタ、くだらないことを!と怒らない怒らない。もう正月は来ているのだから。

一年の計は元旦にありというではありませんか!!
by masami_ws | 2007-12-31 14:30 | 直球勝負!

NAD244!

 今年の個人の目標だったNAD183(一年365日中半分以上の183日間、ノン・アルコール・デイにする)だが、昨日までの実績で176日、達成率96%で終了しそうだ。マラソンでいうと完走目前の40.5キロ地点で棄権ということになる。
f0054720_23594016.jpg
 うーむ、詰めが甘かったと言うか、ぎりぎりまで行って達成できないのは、大幅に達成できなかったというのとは違う問題があるが、これもまたオイラの人生、来年は目標を上げて再チャレンジする。
f0054720_001925.jpg
 ということで2008年版3KM手帳に作ったご存知「渦巻きグラフ」は、見て驚くな!なんとNAD244だ!うるう年なので366日の3分の2にあたる244日禁酒しようという、オイラにとっては遠大な計画だ。
 ということで来年は、たとえどんな美女にお酒に誘われても絶対行かない。ましてやそこらへんのムクつけき野郎どもなどの誘いには絶対乗らない。…などと、バーボンのお湯割を飲みながら固く誓う仕事納めの夜なのであった。
by masami_ws | 2007-12-29 00:00 | 乾杯!

師匠の言葉

 下の記事に「しんえもん」がつけてくれたコメントに登場する行徳哲男先生と、たまたま今朝久しぶりに電話でお話させていただいていた。その中で、大笑いしながら、しかしガツンと思い出させていただいた先生の肉声から…

「人間は愚痴を言わなきゃ駄目ですよ、わしゃもう死にそうだ、と言いながら死んだ人はいない」

「禅とは溜め息。人間溜め息をつくことが大事だ」

「言ってることとやってることが違う、ということほどいいことはない。整合性をつけることに無理がある。整合性がないのが本当の人間だ」

うーむ、急に肩の力が抜けて楽になった。やっぱりすごい行徳先生なのであった。
f0054720_22431024.jpg
今年春の幹部教室でお話をされる行徳先生。来年2月にも登壇されるぞ! 
by masami_ws | 2007-12-26 22:44 | ジャイロ・ボール!!

クリスマスの夜空

f0054720_21393782.jpg
クリスマスに一年を振り返って涙が出るようなことがなかったら、その一年はたいしたことのなかった一年だと誰かが言ってた。

「思い出し笑い」とは言うが「思い出し涙」とはそういうのを言うのだろうか。
…さてオイラの場合はどうだったか?うーむ「思い出し涙」が出るような体験は残念ながらなかったなあ、今年は。
by masami_ws | 2007-12-25 18:10 | 直球勝負!

大人の見識

f0054720_092541.jpg
 阿川弘之氏の語りおろし?の「大人の見識」がどこの書店でも平積みだ。
相変わらずの旧帝国海軍と英国贔屓にはちょっと辟易する部分もあるが、やはり現代日本人必読の一冊といえるだろう。特に次にあげる小さな史実を思い出させてくれただけでも価値がある。

 昭和20年5月、敗色濃厚の苦境の中、東條英樹に代わって首相の重責を負った鈴木貫太郎に、就任直後飛び込んできたニュースは敵国アメリカのF.D.ルーズベルト大統領の死。

 そこで鈴木首相が日本国民を代表して米国へ送った声明は
「深い哀悼の意をアメリカ国民に送る」 
という、簡潔だが紳士的なものだった。
 ヒトラー政権を嫌い亡命していたドイツの作家トーマス・マンは「これぞ騎士道精神の発露」と絶賛し、それに比べヒトラーの死してなお相手を誹謗する態度を強く非難したという。

 これは、この本には書かれていないことだが、一旦、死というホイッスルが吹かれたあとは、どんなに激しく戦っていてもノーサイドという精神は日本人だけのものではない。
 たとえば第一次世界大戦で撃墜王「レッドバロン」として名を馳せた独軍のリヒトホーフェン男爵の死に際してのこと。彼がついに英軍ブラウン大佐に撃墜され埋葬されたとき、英仏軍からもこの偉大なる空の勇士の死を悼んで空中から花束が投下されたのは有名な話だ。

 ともかく「大人の見識」はある意味「立派な昔の人の見識」と言ったほうがいいのかもしれない。若い世代に一読を薦めたい一冊だ。

 

 
 
by masami_ws | 2007-12-24 00:09 | 直球勝負!

師走の風に吹かれて

 師走だ。…まるで栓を抜いた風呂の湯が最後に渦になって消えていくように時間が過ぎて行く。

 ついこの間正月だったと思ったらもう二週間たらずで次の正月か。
 
 子供のころはクリスマスが来るのが待ち遠しくて指折り数えていた。

 それが、大人になり誕生日やクリスマスが楽しみでなくなる度合いに比例して、時間が経つのが早くなった。

 師走だ。風が背中から吹く。
f0054720_23352033.jpg

by masami_ws | 2007-12-20 23:35 | 今夜はスローカーブ

ザ・グレート・セヴンティーズ

 表題を間違わないでほしい。セヴンティーン(17歳)ではない。
グレートなセヴンティーズ(70代)の話だ。…って、コーフンのあまり思わずルー大柴になってるが、とにかく感激した。
 前々から何度か紹介してきた「70歳太平洋処女航海」の著者、村田和雄氏が、昨日行われた土屋経営幹部教室のゲスト講師としてついに登壇されたのだ。
f0054720_0113812.jpg

 いかにも潮風でなめされたような浅黒い肌、柔和な微笑の中にときおり見せる鋭い眼光、いかにもしぶとそうな細いががっしりとした体躯。うーむ、これがおよそ40年間全力疾走でビジネスの世界を戦い抜き、そして太平洋で大自然と戦った男の感触だ。

 10歳のときに静岡で空襲に遭い、焼夷弾の降る中を逃げ惑った体験から「死」というものと向き合った原体験が語られた。それがあるから、村田氏の生はより鮮やかに生き生きとしているのかもしれない。
f0054720_013993.jpg
ヨットに乗るヘアサロン・オーナー鈴木社長(左)と大阪からわざわざご夫婦で聴講に駆けつけた夢現クラブ会員の福島社長(右)に囲まれて

 ところで腕相撲は、無敵を自慢してきたオイラが本気で対戦して引き分けた。噂には聞いていたが、恐るべしヨットマン。この対戦の様子は、村田氏の甥、イケメン溶射屋社長ブログ で見て笑ってくれ。二人とも本気であることだけはわかるぞ。

 ということでリングネームは村田(ザ・グレート・セヴンティーズ)和雄と名づけた。明後日から二日間、早朝のNHKラジオ・第一にも出演されるとのこと。聴いて見たい人はさあ早起きだ!

(1)16日(日)朝4:00~、(2)17日(月)朝4:00~
ラジオ深夜便 ”こころの時代” 
「定年からの夢の実現~太平洋単独航海」
京都ヨットクラブ所属 村田和雄

by masami_ws | 2007-12-14 23:27 | 直球勝負!

非常識という常識

f0054720_221373.jpg

今さっき新大阪でのぞみに乗ったところだが、隣のニッTが普段の温厚な彼には珍しく怒ったのがこれ。

博多方面から乗ってきて新大阪で降りた先客が残していった空き缶が座席の前のポケットに!

うーむ、こういうことをやる人というのは、これがその人の常識になっているのだろうなあ。

次に乗ってくる人のことをまったく考えない…そんな常識を持つ人生というのは楽でいいのか?

こんな人生になってはいけないという戒めのために撮っておく。
by masami_ws | 2007-12-11 22:13 | 直球勝負!

またかよテレ朝、誤解という言葉の誤用

 テレビ朝日は7日、日本マクドナルドの調理日改竄(かいざん)問題について、11月27日放送のニュース番組「報道ステーション」に証言者として登場した女性が、番組の関係者で、当時すでに店をやめていたにもかかわらず、制服と店長代理のバッジを着けて出演していたことを明らかにした。同夜放送の番組内で古舘伊知郎キャスターは「視聴者に混乱と誤解を与えるもの。間違ったやり方だった。申し訳ない」と謝罪した。(8日産経新聞)

だと。いやはや、日付改ざんのニュースが改ざんされているなんて、もう何を信じたらよいのかこの国は。

 この謝罪の中にさらに視聴者を誤魔化そうとした言葉があることに気づくだろうか。それは「視聴者に混乱と誤解を与える」という表現。
 件の放送を見たほとんどの視聴者は決して混乱も誤解もしていない。証言者は現役のマックの店長代理であると、何の迷いもなく思い込まされただけだ。

 そもそも「誤解」という言葉は主に「本来良いものを悪いように思い込む」ときに使われる言葉で「本当は元・店員なのに現役の店長代理だと思い込まされていた」ようなときに使うのは明らかな言葉の誤用だ。「誤解していた」のではなく「騙されていた」というべきだろう。

 日本語のプロである古館氏とあろうものが「誤解」という言葉を誤用するわけがない。だとしたら、おそらく押し付けられた原稿なのだろうが、そこにある積極的な「言葉による欺瞞」に気付かぬはずはない。

 登板当初から下手な腹話術人形のように、本来のキャラに似合わぬしかめ面で原稿を読まされてきた古館さん、これを機会に番組を降ろしてもらったらいいのにと同情する。

 そういえばあなたの前任者であった方も、所沢の野菜農家に甚大な風評被害をもたらした事件で「誤解を与える表現」程度の謝罪で笑って誤魔化していた。古館さん、あんなのと同類になってはいけません。

やめるときにははっきり言ってほしい。

「はじめから視聴者を騙そうとしてやらせで作ったものでした」と
f0054720_112967.jpg

お口直しに写真でお楽しみください。7日夜の友師クラブ忘年会で訪れたイタリアンレストラン「キャンティ」飯倉本店の前菜。いやはやちょっとお値段は張りました。
by masami_ws | 2007-12-09 01:03 | ビーンボール163㎞

〇×△!Bックカメラの対応

 先日パソコンのモバイル用モデムを変えるのに有楽町のBックカメラに電話した。
ところが開店30分前くらいだったので担当部署の人がいないという。ただ、そのとき応対した交換係らしき女性が

「よろしければ後ほど担当の者からご連絡差し上げますが…」

と、丁寧だけどてきぱきと応対してくれた。思わず「さすがBックカメラさん、電話応対100点満点ですね」と褒めてしまった。

 昨日は、同じ店の中にあるソフトバンクの携帯ショップに行った。事情があってドコモから会社を変えたので、データーを新しい携帯に移そうと思ったからだ。
 ところが、窓口の男性がオイラが持っていったドコモのシンピュアだけはソフトバンクにデーターが送れないという。方法はひとつ。まずシンピュアから他のドコモの携帯にデーターを移し、そこからならソフトバンクに移せるという。

 おお、それならばと事務所に自転車で取って返し(ハアハア)古いムーヴァの防水携帯R692を出してきてドコモショップへ駆け込み(ハアハア)データーを移してまたまた有楽町へ走り(ハアハア)そして息せき切ってソフトバンクの窓口に…「これに移して来ましたから、これなら大丈夫ですね!(ハアハア)」

 ところがさっきと同じ男性が、明らかにヘンな顔をして「これですかあ…」と困っている。シンピュア以外なら何でもいいと言ったのに、R692だけはダメってお前それありか!
 ところがそれからが驚いた。別の店員に

「ちょっとこれ隣のドコモのカウンターに持っていって適当な携帯にデーター移してきて」

だとお?何のことはない。一瞬だけ店の普通のドコモ機に移してそれをソフトバンク機に移すということだ。おいおいおい、それができるならなんで最初からやってくれないんだ?ここで買ったものではないからいやいやサービスしているからなのか。

 結局、3分くらいで済むことが有楽町と八重洲を自転車で往復して40分もかかった。うーむ、Bックカメラ、せっかく電話応対で稼いだオイラの中でのポイントが昨日の出来事でゼロになった。Yマダ電気が隣の新橋に進出したらしいが、こんなことでは危ないぞ。

 しっかりやってくれい!
f0054720_12593621.jpg
 左からR692、シンピュア、ソフトバンクの816SH
by masami_ws | 2007-12-07 13:01 | 内角高め158㎞

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月

お気に入りブログ

Go for it! ~...
続 敵は我にあり
京都・ぶら~り・お散歩日和

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

社長・経営者
経営・ビジネス

画像一覧