風ニ負ケヌ草トナリ、雨ニ負ケヌ花ヲ咲カセル。私ハソンナ人間デアリタイ。


by masami_ws

プロフィールを見る
画像一覧

<   2008年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

いでよ!決断のできるリーダー

 ちと古い話題だが、日曜の大相撲千秋楽、結びの一番、東西両横綱の優勝決定戦は久々に見ごたえのあるガチンコ勝負で血が騒いだ。
 それにつけても、最近の日本人力士のひ弱さよ。どうも精神的にどこかヤワな感触だ。うーむ、頑張れよ、もっと。

 相撲の話からは話が飛ぶが、リーダーもヤワになっているのが戦後63年になろうとする日本の現状だ。

 国家や組織の存亡を左右するような重大な方向付けを戦略というが、この戦略決定は、リーダーの「決断」でなされるべきだ。ここに民主主義と称して多数決などという間違った意思決定をするととんでもないことが起こる。
 
 戦略を実現させる上での戦術的なことは「決裁」で決定すべき事項だ。幹部、閣僚、参謀の意見の中からもっとも善いと思われる策を選択するのが決裁。

 最後に、どうでもいいこととは言わないが、法律の名前をどうするとかユニフォームの色をどうするとかいう瑣末な事項を決めるのは「多数決」がよい。

 たとえそれが正しかったかどうかは別として、一番大事な「決断」ができた最後の首相は前首相の小泉氏だ。弱いもの、貧しいものに対するデリカシーの欠如は確かにあったが、この人がひとり自己の責任において決断し実行した事跡は確かにあった。

 混迷という言葉が言われて久しい。混迷イコール「決断のできるリーダーの欠如」と言うべきだろう。役人アタマの認知症老人では無理だ。

 今この国に必要なのは「決断のできるリーダー」なのである。
f0054720_15174843.jpg

 
 
by masami_ws | 2008-01-31 15:17 | 直球勝負!

トラフィック・トラブルてんこ盛りの日

f0054720_2343760.jpg
 先週の23日水曜、インストラクター養成講座水曜Pコースの終了後、懇親会を途中で抜け出して羽田20時15分発21時30分着の庄内空港行きに飛び乗る。
 今回は翌日の移動も考えるとレンタカーがベスト、ということで雪の夜道を庄内空港からスタートした。

 まだ路面にはところどころにしか雪はなく、順調に海岸線の道へ出て予約してあった温泉ホテルへ。翌朝の仕事がある庄内温海温泉との中間点までは移動しておきたいと考えてヤフービジネスで出張ユースのホテルを予約しておいたのだが…これが凄いホテルで、近々この忘れられない一夜については別に書くつもりだ。

 とにかく翌朝早く、逃れるように雪交じりの強風の中、右手に荒れ狂う日本海を見ながら温海温泉へ向かう。車は2.5リッターのマークXだが、横風にずい分振られる。どうでも良いが、トヨタのクルマ作りは相変わらず乗り心地志向でこんなときにはふにゃふにゃした腰周りが気持ち悪い。

 それでも予定通り8時半頃、吹雪の中、目的地に到着、約500名ほどを対象にした講演会が無事終了したのがお昼。さああとは13時55分発の全日空に乗るために庄内空港へひとっ走りと思っていたのだが、なんと欠航の知らせ。夕方は都内で東京商工会議所の会合にお招きを受けているのでなんとしても帰る方法はないか?

 ということでいろいろ検討した結果、新潟駅まで走ってレンタカーを乗り捨て上越新幹線で東京へ、という経路を選ぶことにした。
 いやはや図らずも久々のロングドライブ。最初は猛吹雪。その後、荒れ狂う日本海からの猛烈な横風と戦いつつ、エンジン・パワーはあっても130キロ程度で大きなコーナーに入ってもロールが大きく、スポーティーなドライブができないオジサングルマのマークX(スタッドレスと路面状態のせいで残念ながらリミッターまで引っ張ってみることができなかったが、高速道路以外で飛ばすべき車ではないことだけはすぐにわかった)にイラつきながら新潟についた。
 
 うーむ、やっと新幹線に乗り東京に着いたオイラを待っていたのは、電車の人身事故。結局、途中駅で下車してタクシーに乗り換えるなど、最後の最後までたたられたトラフィック・トラブルの一日であった。 
by masami_ws | 2008-01-27 23:00 | ひょうろく球

だめだなこりゃ

 昨年、会社ぐるみの食品偽装問題が発覚しついにこの一月、民事再生に至った大阪の名門料亭。
 この会社の女将(おかみ)が、社長である息子の釈明記者会見で隣席から小声でさまざまな指示を与えた場面は、まるで喜劇を見るようだった。

 偽装について知らなかったのかという質問に対し、心に疾しいものがあったのか答えに窮した息子に
「知らなかった、知らなかった」
と答えるようにささやきかける姿は、母親としての涙ぐましさでもあるが、この女将の愚かさを図らずも世間に知らしめてしまった。

 ただ、もっと愚かで憐れだったのは昨日、この女将が先頭に立って、従業員一同一丸となり営業を再開しますという記者会見でのこと。
 あの「ささやき会見」についてはどう思っているかという意地悪な記者の質問に対して真剣に答えた女将の言葉にはあきれた。

「精巧なマイクで言ったことが全部聞こえるとは知らず、たいへん反省しております」

 おいおいおい、それって質問の意図や感情をまったく理解していない答えだろう。
「あれは単なる独り言でした」と突っ張るか「息子は口下手なのでつい助け舟を…」と言い訳するのなら会話になっているが、これはもう頓珍漢というしかない。
  
 相手が今どんなことを聞きたいのか、どんな言葉を期待しているか、また今の相手の感情のテンションはどうかということをハズすと、喜劇的な会話になる。

 ラーメン屋さんでラーメンを出してくれたおばばの親指が、スープの中に突っ込まれているのを見て

「オバさん!スープに親指入ってるっしょ!」

と抗議しているのに、おばばがニッコリ笑いながら

「大丈夫、熱くないから」

こりゃもう落語的世界で、あきれて怒る気も失せるというものだ。
この駄目なラーメン屋のおばばと相通ずるものが、この女将にはある。

結論をいう。この程度の感性の経営者では再建の道は遠い。気の毒だが早々の退陣と外部専門家からの指導を仰ぐべきと言うほかはない。
f0054720_22401392.jpg

by masami_ws | 2008-01-22 22:40 | 今夜はスローカーブ

最近の三兄弟

f0054720_22225056.jpg
今年初めて全身をハブラシでごしごし洗浄してもらったばかりの三匹。
左から「こしあん」真ん中下の一番大きいのが「しろあん」右の小さいのが「つぶあん」。
 夏はベランダ放し飼いでワイルドに、冬は手をかけて、なるべく自然に近く粗食を心がけ、日光浴(甲羅干し)を十分させている結果、飼い方がうまいので、三匹とも目が澄んでいて甲羅は石のように硬く重い。

  それがどうしたって?カメは甲羅の固さと目のきれいさが大事なのだ。

 オイラがカメを飼っている理由は、ときどき野生に触れるため。たとえば三匹の水槽に乾燥エビを一匹落とすと、文字通り三つ巴になって本気で奪い合ったりする。思わず「頑張れ!」などと手に汗を握る。特に一番小さいくせにつぶあんのガッツには感動する。

  感動しないって?うーむ…

 昔、少年だった男ならカメやカエルやザリガニを飼ったことがない人間はいないはずだが、今も飼っている人間というのはなかなか少ない。

 実は昨日登場したKワウチさんの息子、ハルTにはこの三匹の先輩格、安寿と厨子王の里親になってもらった。(この記事参照)カメに関してはまだ小学生の彼としか話が合わないなんて光栄だ。オイラも少年の心を失ってないってことだから。

 
 
by masami_ws | 2008-01-21 23:01 | 隠し球

いやはや、面目ない!

 実は、前記事を帰りの電車内でケータイから打ちつつ帰宅した時点で発熱していた。

以後、木・金・土そして今日まで、すぐ近くの医院に一度診察を受けに行って、インフルエンザではないことを確認、抗生剤と解熱剤を薬局で出してもらったりした以外は外出もせず、ひたすら寝ていた。

 皆さんの期待通りで実に情けない。一番困ったのは、木曜、代役が咄嗟には見つからない「土屋経営幹部教室」のメイン講師役をどうするか。今回のテーマはリーダーシップだ。
 午後からは土屋会長の新春特別講義も予定されていたし、これは這ってもズっても出かけなければ、と一晩39度前後の熱にうなされながら夢うつつに考えていた。

 夜中に何度か解熱剤を飲み、当日の朝6時体温を測定したものの無情にも39度2分。だいたいトイレ立つのもやっとという体たらく。これはもう万事休す。
 こうなったら以前から「斃れてのち已(や)む」と威勢のいいことを言っていたオイラらしく、無理押しで出掛けて、研修の最中に「坂本竜馬はたとえどぶの中で斃れても前向きに…」 などと解説しつつ、ばったり前向きに倒れるしかないか。

 しかしそれも八重洲の事務所にたどり着けたらの話。もしかしたらヤフーニュースなんかに

「中年男性、朝の女性専用車両に乱入、座っていた女性客に向かって倒れこむ。熱のせいと言い訳。坂本竜馬がどうしたなどとわけのわからぬことも…」

などと、テロップが流れたりするのも目に浮かぶ。

 と、そのとき、以前から風邪を引いたとか聞くたびに、身体が弱いんじゃないの、などと冷やかして来た一人の腕利きインストラクターの顔が目に浮かんだ!
 3KM公認インストラクターで、最高のNLP指導者のひとりでもある四日市のKワウチさん
しかし、時間は6時、開講は9時半。だいたいあちこちから講師依頼があり、その上会社経営者でもある多忙なKワウチさん、これは無理を覚悟のダメ元で電話してみた。

 さすがに、最初は早朝モードで電話に出たKワウチさん、窮状を説明するや
「いいですよ。行けますよ!」
いやはや、地獄に仏、捨てる神ありゃ拾う神あり、神様仏様Kワウチ様。数十分後には「今、四日市駅を出発します」と頼もしい電話。ほんとうにありがたかったあ。

 結果は、不意の予定変更で多くの人にご迷惑をかけたものの、聞けば受講者はオイラのオッサン臭い説教話よりも良かったという感想が多くあったというめでたしめでたし!

 いやはや、しかしながらとにかく情けない話で申しわけない。日頃の健康管理には万全を期して来たつもりだったが、不覚を取った。多くの皆さんにお詫びしたい。
これがKワウチさん。これからお会いするたび手を合わせることに決めた!
f0054720_160489.jpg

by masami_ws | 2008-01-20 15:53 | ひょうろく球

ぞくっと来たあ!

f0054720_18215449.jpg

と言っても、頗(すこぶ)る付きの美人を見かけたなどという話ではない。

今日一日朝から寒くて寒くて…熱があるのだろうか?

いやはや今夜はさっさと帰って明日に備え8時に寝よう。
by masami_ws | 2008-01-16 18:21 | 直球勝負!

ところ変われば…

f0054720_21445670.jpg

今年初めての大阪。
いつも通る新大阪駅の地上への出口エスカレーターで今朝撮った写真だ。なぜ関西に来ると立つ人が右で急ぐ人が左なのか?

左側に立って顰蹙をかっているのは関東から来た慣れない人だが、そもそもこうした慣習というのはどうして生まれるのか?

以前お好み焼きの大阪焼きと広島焼きの分布境界線が広島県福山市にあることを発見したオイラだが、エスカレーターの乗り方の変わり目がどこにあるのかは未調査だ。

確か名古屋人は関西と同じく左を空けて右に立つという作法だったと思うが、では隣の浜松あたりはどうだったか?

この件について知っている人は是非教えていただきたい。
by masami_ws | 2008-01-15 21:44 | 直球勝負!

オヤジバンド?

 3KMインストラクター養成講座土曜コースの修了記念講演は、他の3コースと比べてなぜかイロモノが多いという伝統ができてしまった。たとえば印象に残っている例としては

・持ち時間のほとんどを泣いて終わってしまった、今は幹部として活躍している某印刷会社社員。

・話もそこそこに学園祭の乗りのような社内バンドの異様な演奏振りをビデオ撮影したものを延々見せ続けた有名な某ミスタードーナツ加盟店幹部社員。

・同じく話もそこそこに浅草三社祭の喧騒のみが延々続くビデオを見せ続け、本人だけが感動していた某塗料販売会社の幹部営業マン。

・同じく話もそこそこに男女含め受講者全員にかなり複雑なバレエの振り付けを強要し、踊らせてしまった札幌の某管理薬剤師。

・30分の持ち時間15分経過時点で着ていたスーツやワイシャツ、ズボンを脱ぎ捨てレオタード姿(事前に下に着ていた!)で「上腕二頭筋の鍛え方」など各種のエクササイズを披露した鹿児島の某敵ワレ社長。

・10キロ以上あるコンクリートブロックを素手で叩き割って見せ、その一年後に惜しくも29歳の若さで人生を駆け抜けてしまった某塗料問屋の肉体派営業マン。

・元ジャニーズで少年隊のバックダンサーをやっていた頃に錦織とマイケル・ジャクソンのビデオを見ながら練習したという「ムーンウォーク」を机の上でやって見せた某印刷会社幹部営業マン。ちなみにマイケル狂いの彼はわが子に「マイコー」と名前をつけたことをマイケル来日時に伝えて感激してもらったらしい。

などなど、そこに至る全体の背景が見えない人には???というものが多い。そこにはこのコースを共に体験した人でなければわからない価値があるのだが、今月もまたこんな修了者が出てしまった。
f0054720_2223489.jpg
最初は、工夫のある紙芝居風の自己紹介から始まったが…
f0054720_22243032.jpg
最後はなぜかギターを抱えて歌っていた。
 曲が松山千春の♪はて~し~ない大空と~♪とか♪あ~なたに~さよ~なら言えるのはきょ~おだけ~♪などとやたら30年前チックなのは50歳の証し。稚内から毎月二泊三日かけて一年間皆勤した某石油販売、水産物販売会社の幹部社員オカD氏だ。
 これが高円寺で学生時代に弾き語りやカラオケ代わりの歌の伴奏をしていたと言うだけあって歌もギターもなかなかうまい。

 修了講演は、もちろんかくし芸を披露するのが目的ではないが、3KMの個人・家庭・会社の中で、普段見せない個人の領域をちょっと垣間見せることは、人間の持ち味というものを堪能させてくれるもっとも手っ取り早い方法でもある。
 ということで、ぜひこれからも各コース負けじとさまざまな姿を見せていただきたいものである。
by masami_ws | 2008-01-14 22:45 | ジャイロ・ボール!!

似非環境配慮にだまされるな…再生紙の欺瞞

 リサイクルが全て環境に対して善であるか、ということについては大きな誤解がある。たとえば、飲料の容器はアルミ缶がよいか、PETボトルがよいか、はたまたリターナブルなガラスビンがよいか、ということについて、一般的には何度も再利用できるリターナブルビンが環境にはよいように感じられる。

 ところが、実はリターナブルビンは①重い②収集するためにかかるエネルギーを使う③洗浄に水やエネルギーを使う④熱伝導が悪く冷却などにもエネルギーがかかる、などの理由で地域や消費量などによっては環境に対して非効率になる場合もある。

 再生紙も同様で、再生紙だから環境に絶対やさしい、ということではない。ましてや今回のU政のように「環境にやさしい企業、商品」をアピールするために、詳しく品質も調べずただ「再生紙はがき」と銘打ちたいがために紙を仕入れているような企業もある。
原料を納入した業者(日本製紙)を訴えるというが笑止。含有量40パーセントを1パーセントで誤魔化されたまま消費者に売りつけた責任は誰にあるか。

 こんなふうに環境に配慮していますという顔をしようとする似非(えせ)環境配慮にだまされてはいけない。労使ぐるみで、善良な庶民の習慣を、年に一回の大儲けのネタにしようという組織らしい「バカな国民を騙して環境など本当はどうでもいい」姿勢が見え見えだ。精神構造的内面を探るとこんなことだと、民営化も似非と言わざるを得ない。
by masami_ws | 2008-01-11 00:09 | 内角高め158㎞

お相撲さんはなぜ寒くないのか?

 今日、昼に事務所の裏にある喫茶店前の路上でお相撲さんが二人、餅をついていた。な、なんなんだ?
f0054720_231837.jpg
 それにしても、お相撲さんというのはなぜ冬でもこんな格好をして寒くないのか?やはり太っているからだろうか。

「力士がついたお餅100円」はあっという間に売切れてしまい買えなかった。あったかくて美味しそうなお餅だった。
 
by masami_ws | 2008-01-09 23:30 | 今夜はスローカーブ

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月

お気に入りブログ

Go for it! ~...
続 敵は我にあり
京都・ぶら~り・お散歩日和

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

社長・経営者
経営・ビジネス

画像一覧