風ニ負ケヌ草トナリ、雨ニ負ケヌ花ヲ咲カセル。私ハソンナ人間デアリタイ。


by masami_ws

プロフィールを見る
画像一覧

<   2008年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

嫌煙運動が弱い者イジメになってはいけない

 神奈川県で公共の飲食店など全てを禁煙とする条例が来年から施行される可能性が出てきた。うーむ、これはどうか?喫煙者の友人と飲みに行けない街というのもなんだかつらい。

 路上喫煙の禁止など、子供などを含む一般人の逃げ場のない公共スペースの禁煙は徹底すべきだろう。しかし、居酒屋やバーなどまで一律禁煙というのはどうか。なんだかこうなってくると喫煙者に対するイジメに近い観がある。

 それよりも、こうした施設ではより完全な分煙システムを目指して(その費用は「喫煙チャージ」などを徴収することでまかなう)、はっきりと「全席禁煙」「完全分煙」「混煙」などの表示をすることがいいのではないだろうか。

 前から言ってるのだが、焼肉屋さんの「無煙ロースター」の原理で、無煙席というのが出来ないだろうか。元・ヘヴィー・スモーカーとしては、今や世論の中で弱者となりつつある喫煙者をこれ以上痛めつけるような法律を作るよりも、一般人も喫煙者も幸せに共存できる仕組み作りを考えるべきだと思うのだが甘いだろうか。 
by masami_ws | 2008-04-29 22:34 | ジャイロ・ボール!!

茨城県国民健康保険団体連合会職員に告ぐ!

 茨城県国民健康保険団体連合会の職員(34歳)が、なんと10億円もの金を着服、競艇などのギャンブルにつぎ込んでいて回収は殆ど不能だという。競艇でそんなに磨るにはどれほど通っていたのか。1回100万として1000回?あきれてあいた口が塞がらない。

 さらにあきれるのは、こんなバカに印鑑と通帳を預け、ろくな監査もせずに野放しにしていたこの組織の無能な体質だ。責任者が記者会見でニヤニヤしながら釈明していたが、あのニヤケ面を見ても事の重大さに恐れ入ってるとは到底思えない。演技でも神妙な顔をすればいいものを、ニヤニヤしているというのは空気が、いや自分の置かれている立場が読めないのだ。

 この程度の組織規模で普通の企業が10億円の損害賠償責任を負ったら、間違いなくパンクして全員解雇。社長は死んで(生命保険で)償わなければならないこともある。企業や組織が無能であることは社会に対する罪悪だ。

 ギャンブルにトチ狂ってる同僚や部下を見て何も危険を感じなかった茨城県国民健康保険団体連合会の職員は、全員で10億円、きっちり返しなさいよ!こんなことを一職員の犯罪として、関係者の懲戒処分くらいで済ませるからこの手の事件はなくならない。
f0054720_19554820.jpg

by masami_ws | 2008-04-23 19:56 | 直球勝負!

ナイト・ブレイクin大阪

 JALの最終便で伊丹に着き直行バスで大阪は上本町に到着。ホテルへチェックインする前に、社内報の原稿打ちと腹ごしらえと兼ねて、先月初めて寄ったダイニング・バー「@ease(アット・イーズ)」で食事。
f0054720_22282444.jpg
 3月にオープンしたての店だがなかなか実力のある店だ。写真は「自家製焼き豚と鶴橋キムチの盛り合わせ」(700円)。店のオーナーには、経営的にはメニューが安すぎるので単価を上げなさい、などと偉そうに忠告しながら、でも自分が使う店は安い方がいいよなあ、などと勝手なことを思う午後11時なのであった。
by masami_ws | 2008-04-22 22:54 | ここはチェンジアップ

花を荒らす心の荒廃

 このところ各地で、桜や花壇のチューリップ、パンジーなど、美しく咲いている花が、大量に折られたり切られたり踏み荒らされて引き抜かれたりするという事件が全国で相次いでいる。同時多発的にこのようなことが起こるというのは一体どうしたことか。

 こうしたことをして憂さを晴らそうという人間の心の奥の暗闇を覗くのは恐ろしい気がする。程度の差こそあれ、生物である植物を無残に傷つける行為は「殺す相手は誰でもよかった」と言って人を傷つける無差別殺人犯と心理の根底で通ずるものがある。自己中心的幼児性だ。

 イチローの父親である鈴木宣之氏は、たった一度だけ我が子イチローに手を上げたことがあるという。近所の家の花壇の花を根こそぎ引き抜いてきたイチローのお尻を手の痕がつくほど叩いたというのだ。無論、イチローがまだ本当に幼い頃のことだ。

 花を荒らした犯人を捕まえたら、尻を叩くような恥ずかしい目に合わせてやるといい。例えば「私は花を荒らした犯人です」というプラカードを首から提げて街の清掃や花壇整備をさせるというのはどうだろうか。いずれにせよ、この国全体の心の荒廃をこれ以上看過してはいけない。
f0054720_1943312.jpg
 などとちょっと暗い気持ちになっていたら、この国にはまだまだこんな素晴らしいものもあった。昨日、長野県飯田のバスセンターで、なんとおにぎりとお稲荷さんの「無人販売」を発見。テーブルの左上を拡大したのが下の写真。人を信じることの強さを感じさせられた。
f0054720_19740100.jpg

by masami_ws | 2008-04-20 19:08 | ビーンボール163㎞

山国の空

f0054720_2052746.jpg

携帯のカメラだったのでイマイチだが昨日夕方到着した飯田駅前からの空。
山に囲まれた場所から見る空は濃淡がくっきりとして独特の美しさだ。
by masami_ws | 2008-04-19 20:52 | 直球勝負!

母親に感謝!

折り返し地点からは一個ずつ歳を減らして行こうと思うので、今日で49歳になった。誕生日は自分を産んでくれた母親に感謝する日ということだが、トルコなどという遠いところへ行っているらしい。うーむ…
f0054720_7455386.jpg

by masami_ws | 2008-04-18 05:37 | 乾杯!

謝るべき相手と言葉

 「羊水が腐る」不適切発言で2ヶ月活動を休止していたK・Kという女性歌手が活動再開に当たって

「ご迷惑をおかけして…」

という挨拶をするシーンが何度も映し出された。確かにファンや関係者に対してはコンサートのキャンセルなどで「迷惑」をかけたかもしれない。でもこの言葉にはちょっと引っかかる。というのは、謝罪すべき一般の人々には何も迷惑など掛かっていないからだ。
 
 だからこのケースでは

「たくさんの人に不快な思いをさせて…」

と言うのが正しいのではないだろうか。こういうちょっとした言葉を教えてやらないといけないのに、この歌手の取り巻きには日本語力のある人はいないのか。

 またそれよりも重大なことがある。騒動が広がり、子どもたちに影響力の強い彼女の発言が一部のラジオリスナーに限らず世間に広く知られたことで、35歳以上の母親から生まれた子どもたちが傷ついたりいじめられたりすることの危険性だ。

 謝罪が足りないとか十分とかの論争があるが、どうも本当に謝罪したり科学的に発言を訂正し誤りを強く認めたりする当事者も、またその相手も違っているような気もするのである
f0054720_0522146.jpg

by masami_ws | 2008-04-15 00:52 | ここはチェンジアップ

誤解を招く表現?なんなんだ、それ

 Fクダさんの表現は、起案者がいるとしたらそのスクリプターは余りにも日本語力なさ過ぎだろう。年金問題について年度内に解決すると言っていたことに対して「誤解を招く表現をしたこと」に対して謝罪するという。なんかおかしくないか。

 あたかも、言ったことの本質は間違っていなかったが表現の仕方が誤解を招くようなまずいものだった、という言い方にはMん主党議員でなくとも腹が立つ。ただし「誤解するほうが悪いみたいな言い方だ」と指摘した野党議員の突っ込みも、ちょっと日本語的に弱い。
 国民は誰も「誤解」なんかしていない。その言葉をそのまま信じたまでだ、と指摘すればよいのだ。

 Fクダさんも
「読みの甘い判断をしたことをお詫びする」とか「希望的観測でモノを言ってしまって申し訳ない」と言ったほうがよっぽどすっきりする。

 ことの是非よりも、政治家のこうしたへんな日本語にいらいらさせられる。まったくぐったりくるニュースであった。
f0054720_23131830.jpg


 
by masami_ws | 2008-04-07 23:13 | ここはチェンジアップ

新社会人よ、タバコをやめよう

 新社会人でタバコを吸っている人に、よおく考えてもらいたいことがある。
タバコの健康への害は今さら言うつもりもない。あれだけ箱に書いてあるのをいつも読んでいるだろうから。またタバコを吸うことで生じる金銭的損失や時間的損失も、覚悟の上で吸っていることだろうからここでは論じない。

 若い君たちの場合、喫煙という習慣がどう見られるかというダメージの点についてのみ、今日は書く。敢えて「若い君たち」と書いたのは、中年以降の人の場合…たとえば立派な社会的地位もあり仕事もしている、いわゆる「上がっている」人など…は、その人の評価というのは結果のところが大きいので、タバコを吸おうが浮気をしようが習慣がどうであれダメージが少ないからだ。

 ところが、まだ評価されるべき何の結果も成果もない君たちの評価は、習慣や姿勢が中心になる。たとえば、新入社員の中で一番早く出社して仕事の準備をしている者は、実力の如何によらずまず最初に上司から仕事を任されるだろう。
 
 そうした観点で「喫煙」という習慣はどう見られるか、ということだ。合理的に考えてどこからどう見てもしないほうがよいことを敢えてしている若者、というのは、はっきり言って「向上心のないバカにしか見えない」(Cャプテン、Wタナベ社長談)という強烈な意見もある。

 20世紀ではなく21世紀を生き抜くつもりなら、新入社員諸君、タバコは吸わないほうがよい。これを読んでいる喫煙者諸氏もぜひ周囲の若者に伝えていただきたいのである。
f0054720_23375354.jpg
 昨年あった「夢現クラブ」での一コマ。中央で立っているのがWタナベ社長。この会でも40代以下の社長で喫煙者は一人もいない。
by masami_ws | 2008-04-06 23:41 | ジャイロ・ボール!!

意外と遠い場所はどこだ?

f0054720_17284331.jpg
 高い山々に囲まれた美しい街。どこかわかるだろうか。

 日本地図を、東京からの移動にかかる最短時間で描くと、かなり歪んだものになる。遠くても、空港があれば時間距離はかなり小さくなるし、比較的近くでも交通の便が悪いと大きくなる。

 また、交通機関の発達によってずい分この時間距離は変わる。例えば、以前は那覇市よりも遠かった長野市などは新幹線開通で、ずい分近くなった。ところが、同じ長野でも地域によってはずい分時間距離の大きい街もある。今日は半日がかりでそこへやってきた。

 長野県飯田市。ここは稚内や根室、那覇よりもはるかに遠い。
東京からは、新宿からバスで平均4時間15分。ただし中央道が混むともっと時間がかかる。JRだと、5時間を切る方法は東京から豊橋経由で特急に乗るという手もあるが、特急の本数が一日2本。あとは全ての方法で5時間以上かかる。最寄の幹線鉄道から全て普通列車しか走っていないからだ。

 今日は、苦手の高速バスに乗って、真っ青になりながら飯田に到着した。道路特定財源の使い道だが、一人当たりの移動にもっとも多量のCO2を排出する自動車道ではなく、線路など既存インフラを活用した公共交通機関の見直しも必要ではないか、とヘロヘロ頭で考えてしまった。

 ともかく明日の夜も再びバスでしか帰りようがない。明日は車酔いの前にビールでも飲んで先に酔って寝てしまおう、と思っている。
by masami_ws | 2008-04-04 18:06 | ひょうろく球

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月

お気に入りブログ

Go for it! ~...
続 敵は我にあり
京都・ぶら~り・お散歩日和

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

社長・経営者
経営・ビジネス

画像一覧