風ニ負ケヌ草トナリ、雨ニ負ケヌ花ヲ咲カセル。私ハソンナ人間デアリタイ。


by masami_ws

プロフィールを見る
画像一覧

<   2011年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ええいっ、どいつもこいつも!

 沖縄防衛局長田中某が、下品もここまで行くと突き当たりのような発言。もちろん即、更迭。

その更迭の指示を出した人物はと言えば防衛大臣一川某
就任早々から自分は安全保障については全くの素人だから、これが本当のシビリアン・コントロールだ」と、世界中の政治家から笑い殺されそうな発言をしたとたん、ロシアの爆撃機が素人就任を祝うかのように領空侵犯してきた。いやはや「バカな大将、敵より怖い」を地で行く史上最悪の防衛大臣だ

 さらにはブータン国王夫妻を招いた宮中晩餐会を欠席し、自分の資金集めパーティーのほうが大事だと公然と言い放ち、おまけにスーダンに命懸けでPKO活動に出動する自衛隊員たちの見送りも欠席だと。
当たり前だ。自分が可愛くて、国賓も天皇陛下もへっちゃらですっぽかす奴のこと。
部下である自衛官のことなどこれっぽっちも思っちゃあいない。

 こんな大将の下に、今回のこの部下、この国、このままだと絶対終わってるぞ
by masami_ws | 2011-11-29 22:11 | ビーンボール163㎞

凄いぞ!「走るびじねすまん」

 昨日の神戸マラソンの「ビジネスマンクラス」で5時間13分という好タイムで見事優勝した我らが土谷幸三氏。

 ビジネススーツに鞄、そして革靴で走るのが条件という厳しいレギュレーションのため、なんと同クラスのエントリーはたった一人。

その中で、よく3KM魂を発揮して完走した土谷氏は最高にカッコいい42歳、これぞ
f0054720_1123453.jpg
日本のビジネスマンの鑑だ。
by masami_ws | 2011-11-21 11:02 | ジャイロ・ボール!!

幹部の条件…部下力の問題

 部下力とは、部下の力ではなく、部下としての力のことだ。
歴史上の人物で、抜群の部下力を持っていたのは、何と言っても木下藤吉郎こと後の豊臣秀吉だろう。

 天才的リーダーであった織田信長は、現代社会で言えばカリスマ創業者のような存在だ。そのリーダーの意を酌んで「自分に期待されている働き」「今、リーダーが望んでいること」を的確に実行していったのが秀吉だ。

 例えば、金ヶ崎の撤退戦。朝倉攻めの最中に背後で妹婿浅井長政の裏切りを知った信長は、少数の馬廻り衆と共に先駆けして落ちのびる。その際秀吉は、殿軍として最後尾を引き受け、命懸けの戦いを見せる。あたかも「出世のしどころ」を心得ているかのような働きだ。

 また、決断や行動に野性味と俊敏さがあったのも秀吉の特徴だ。それは、主人である信長が、秀才でもぐずぐずと逡巡する人間が嫌いだということを意識しているかのようにも見える。

 一方で、有能だがじっくり熟考する官吏タイプの光秀は、いかにも信長の好まないタイプと言えるかもしれない。

 さて、読売ジャイアンツの内紛劇。オーナーと球団社長、その下に球団代表に監督という四重の支配構造にもわからないことがありすぎるが、クビにされた清武さん、何をしたかったのか?

 明智光秀は、三日天下とはいえ信長と心中した格好になったが、清武さんの場合、ナベツネの首も取れず心中にもならない。

 ナベツネから見たら、清武氏以外もまったく部下力のない連中ばかりで、直属の部下の反乱の気配に気付かない球団社長、今ひとつ戦いで成果を出せない現場指揮官など、どいつもこいつもだ。

 その上で、江川を助監督になどと考えていたらしいが、こうなったらお笑いだ。よおく考えたら、こんな部下力のない連中ばかりを選んできたリーダーのナベツネ本人に最大の問題があるのかも。いやはや、なんだかなあ。
by masami_ws | 2011-11-19 18:11 | 笑い殺し魔球

幹部育成講座大阪コース修了

f0054720_21204283.jpg

 今日は大阪で行われてきた幹部育成講座の修了式。

 受講者17名中、16名が無事修了証を手にした。

 と言ってもオイラは、修了考査の計算問題の出来の悪さにイライラ。教え方が悪かったと反省。

 話は変わるが、懇親会の席で、来月ホノルルマラソンを走ると言ったら、お馴染みのKワウチ社長(写真で修了証を授与している人物)が、これまたお馴染みのTチタニ社長に

「準備しときましょ…葬式の」

だと!うーむ。
by masami_ws | 2011-11-16 21:20 | 直球勝負!

「宗谷」を見に行く

 別にミーハーでテレビドラマ「南極大陸」にハマってなどというわけでもないのだが、たまたま別の用事で出かけたお台場の海の科学館…ここの駐車場は穴場でかなりの率で待たずにとめられる…に係留されている初代南極観測船「宗谷」を見学してきた。
f0054720_0494473.jpg
 南極観測船退役後に白く船体を塗られ巡視船に戻った宗谷が、函館や室蘭の港に居たのは何度か見ていたが、南極観測当時のオレンジに塗りなおされた姿に感慨もひとしお。
f0054720_0505958.jpg

 これは上級士官の個室。下は一般「科員」用の部屋。ベッドは激しい波浪でも転げ落ちないよう、箱状をしている。
f0054720_0405988.jpg
 それにしてもこんな小さな、不自由な船で南極を目指した昭和の男たち。戦争に負けても、心は折れていなかったんだなあ。

 今の俺たちはなんてざまだ。何だか、反省しながら宗谷のラッタルを降りた。
by masami_ws | 2011-11-07 00:44 | ここはチェンジアップ

偶然を必然にする努力

 創業経営者が、なぜその業界・仕事を選んだのか。
もちろん、その仕事が好きで、最初から志してその道に入った人というのもいる。しかしそれは実は少数派だ。

 多くの人が理由として上げる第一位は、他愛もないこと… 「たまたま最初にした仕事だったから」。つまり
仕事をしているうちに、その深さと面白味を知りのめりこんで行った、という人が多いのだ。

 日本では、現在恋愛結婚の離婚率は40%に迫る勢いだというが、意外にも見合い結婚のそれは10%を下回る好結果だという。愛が盛り上がったところからスタートするも、結婚するといろいろ相手のアラが見えてきて情が育たない恋愛結婚。それに対して、お互い偶然の出会いから愛を育て、やがてそれが情を育む見合い結婚のほうが上手くいくということなのだろう。

 偶然を必然にする。実はこのことが、人生をプラスに導く第一歩だ。
たまたま手にした仕事、たまたま入った会社、たまたま出会った人、そして時にはたまたま出会った不幸や不運、そんなものまでも全て自分に必要なものだったのだ、と感じながら明日を生きること。それこそが、私たちを幸せに導く最大の要因なのだ。

 日ハムに指名された菅野クンは、その偶然に逆らって一浪し、来年のドラフトのクジという偶然にまた賭けるらしい。うーむ、考え方だからとやかくは言うまい。
 ただ、多くの成功者の例では、日ハムの指名という意外な偶然を受け入れて、やがてそれを必然に変えていく…「あのことがあったから今日の成功がある」と…というのが成功パターンだ。

 だいたい、叔父さんが監督(=社長)をしている会社にコネで入った甥っ子など、おべんちゃらの取り巻きと玉の輿を狙うOLたちにちやほやされて成長できるはずがない。
 「悪いことは言わない、菅野クン。君は敢えて日ハムという偶然を必然に変えられるか。それだけのことさ」

 
by masami_ws | 2011-11-04 23:57 | ナゾの変化球

福島の酒を飲もう

f0054720_2259246.jpg

いやはやこれはうんまい!福島の酒
by masami_ws | 2011-11-01 22:59 | 直球勝負!

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月

お気に入りブログ

Go for it! ~...
続 敵は我にあり
京都・ぶら~り・お散歩日和

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

社長・経営者
経営・ビジネス

画像一覧