風ニ負ケヌ草トナリ、雨ニ負ケヌ花ヲ咲カセル。私ハソンナ人間デアリタイ。


by masami_ws

プロフィールを見る
画像一覧

<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

若者と名ヴァイオリニスト

 ローレンス・ブロックが小説の中でエピソードとして使ったものだが、忘れられない話がある。だいたい、こんな話だ。
 
 ヴァイオリニストを目指す一人の若者が、ある高名なヴァイオリニストの楽屋を訪ねる。

「私が、将来一流のヴァイオリニストとして成功できる才能があるか、僕の演奏をどうか聴いてください」

 言われるままに演奏を聞いた名ヴァイオリニストは、感想を求められ答える。

「君の演奏には燃えるような情熱が欠けておる。だから、ヴァイオリニストとして成功することはないだろう」

 若者は、その言葉にヴァイオリニストの道を諦め、実業家となり成功を収めた。

 月日が経ち、再び名ヴァイオリニストのコンサートに出かけた彼は、楽屋を訪ね、自分のことを覚えているか訊いてみた。答えは意外なものだった。

「覚えとらん。そんなことを言ってくる若者はたくさんおるからのう。わしは彼らの演奏は殆ど聴いてはおらんのだ。ただ最後に必ず『君の演奏には情熱が欠けている』と言うことにしているんじゃ」

「そんな…ひどいじゃないですか、僕はあなたの言葉を信じてヴァイオリンをやめたんですよ」

「君はそれで実業家として成功したんじゃからよいではないか」

「何をおっしゃる。僕にとっては実業家として成功するよりもヴァイオリニストとして成功することのほうがずっと意味があったのに…」

 そこで名ヴァイオリニストは噛んで含めるように言う。

「君の演奏には情熱が欠けている、と言われてヴァイオリンを諦めるような人間はこの道では成功しないんじゃよ。そう言われても、それを聞かずに突き進む情熱を持った人間だけが成功するということなんじゃよ


 うーむ、いろいろ考えさせられる話だ。燃えるような情熱を、オイラは持ち続けているだろうか。
by masami_ws | 2012-01-10 22:27 | ここはチェンジアップ

被災地の二十歳へ

 相変わらず、子ども向けの施設であるテーマパークで、ネズミやアヒルの着ぐるみのダンスで盛り上げながら成人式を迎える市がある。もう何度も書いたことだが、毎年成人式というとこのニュースが流れるので、どうしても気になる。あれはどう見ても、保育園や幼稚園の入園式に相応しいイベントだろう。

 一方で、今年は昨年の震災被災地の成人式の様子がニュースになった。陸前高田市の成人式では、本来新成人として列席していたはずの若者たちの遺影が、椅子に並べられていた。総代は金髪のヤンキー風の男性だったが、これから苦しい時も、楽しい時も、亡くなったみんなを思い出す、というような素晴らしい決意を発表してくれた。

 人間の成熟度は、人の死や苦境などが身近にあるかどうかで決まる。戦前の若者の残した手紙などを見ると、老成しているとまで言えるほどの覚悟や達観が見られる。もしかしたら、被災地の若者たちも、身近に肉親や友、多くの人々の死を見つめて、震災前とは違うなにかを感じているのかもしれない。

 被災地の二十歳の諸君に期待したい。誰しもが人生の最も甘美な時期として思い出すはずの二十歳前後のこの時期に、大震災という苛酷な試練を体験した彼らは、人生の意味を真剣に模索し始めているのかもしれない。日本の戦後復興を支えたのは、やはり敗戦というつらい体験を乗り越えてきた若者たちだった。

 大胆な予言だが、これから10年、20年という中で、これら被災地の若者たちの中から、この国を変えていくリーダーが現れるような気がしてならない。

 
by masami_ws | 2012-01-09 23:57 | 直球勝負!

今度はジャンプの出番だろ!

 オーストリアのインスブルックで行われたスキージャンプワールドカップで、日本の竹内択選手が3位に入り初の表彰台に上った。同じ雪印メグミルクで、元・土屋ホーム(こう書くとややこしいが)の伊東大貴選手も好調だし、土屋ホーム総務部スキー部キャプテン兼監督兼選手(こう書くともっとややこしいが)にして世界最年長不倒ジャンパーと言われる(いや、勝手にオイラが言ってる)葛西紀明選手も腰の故障で一時帰国していたが、ようやく戦線に復帰、いよいよ全員が表彰台を狙える体勢が整ってきた。
f0054720_2043548.jpg
 同行している日本チームの須田コーチがFBにアップした写真を拝借。この冬季オリンピックかと見紛うほどの大観衆を見てほしい。ヨーロッパでのジャンプ人気は、日本のプロ野球とJリーグとプロレスとK-1と大相撲と歌舞伎とAKBとジャニーズを足したくらい凄い(らしい)。

 こんな中、日本の男たちが日の丸の威信をかけて必死で飛んでいると思うと、もっと応援せねば、と誰しもが思うだろう。葛西選手など、17歳の時から20年以上もWCを飛び続けていて、ヨーロッパではカミカゼ・カサイの名はある種の畏敬の念で見られているという。
 夏はなでしこが日本に元気をくれた。冬は日本ジャンプチームがきっとカミカゼを吹かせてくれるはずだ。WOWWOWでも放送が見られるこのスキージャンプワールドカップ、是非みんなで応援しようではないか。
by masami_ws | 2012-01-05 20:53 | 乾杯!

期待に応える力

 毎年、楽しみにしている箱根駅伝。今年も、全選手の力走に心を打たれた。

 1区では、区間2位に終わったものの、早稲田のエース大迫に食い下がった日体大1年の服部選手が印象に残った。彼の力は「箱根で区間賞を獲る」という父親との約束。その父を12月に亡くしたばかりの彼は、喪章を胸にあっぱれな走り。区間賞はさすがの大迫に敵わなかったが、お父さんは喜んでいるぞ、きっと。

 2区の青学の出岐選手は、独特のフォームで坦々と走り、前を行く各校をごぼう抜きにして行った。色白、サングラスで、他の選手たちと雰囲気が違う。クールな走りが、なんだか、今回一番カッコ良かった。

 また、何度もテレビで放送されていたが、9区の神奈川大3年鈴木選手。駅伝最後の4年生にどうしても母校の襷を、という一心で意識朦朧としながら、2度倒れても立ち上がりタッチの差で繰り上げスタートを免れたその姿は、これぞ箱根駅伝というシーンだった。

 圧巻は何と言っても、最難関5区の東洋大4年柏原選手。キャプテンとして、また「山の神」柏原竜二として、チームと全国の駅伝ファンの期待を背負って4年生として最後の箱根。その重圧を見事にはねのけて、4年連続区間賞、3度目の区間新記録を達成した。

 期待された者が期待された通りの結果を出すことは、プレッシャーの少ないルーキーが番狂わせの活躍をすることとは全く違う。柏原選手も、マスコミにいろいろ書かれたりして陸上が嫌になったこともあると談話していた。

 「期待に応える力」…もしかしたらリーダーにとって、最も重要な条件と言えるのかもしれない、ということを教えてくれた柏原選手の姿だった。
by masami_ws | 2012-01-04 08:54 | 乾杯!

今年こそ、頑張ります!

 どうも自分の中では、まだ明けまして「おめでとう」とは言えない喪中の気分がわだかまっている。そんな中、一人の中学生の言葉に背中を衝かれた。

本日は、未曾有の大震災の傷も癒えない最中、わたくしたちの為に、卒業式を挙行していただきありがとうございます。
ちょうど、十日前の三月十二日、春を思わせる暖かな日でした。わたくしたちは、そのキラキラ光る日差しの中を、希望に胸を膨らませ、通いなれたこの学舎を、五十七名揃って巣立つ筈でした。
前日の十一日。一足早く渡された、思い出のたくさん詰まったアルバムを開き、十数時間後の卒業式に、思いを馳せた友もいたことでしょう。「東日本大震災」と名づけられる、天変地異が起こるとも知らずに・・・
階上(はしがみ)中学校といえば「防災教育」といわれ、内外から高く評価され、十分な訓練もしていたわたくしたちでした。しかし、自然の猛威の前には、人間の力はあまりにも無力で、わたくしたちから大切なものを、容赦なく奪っていきました。
天が与えた試練というには、むごすぎるものでした。辛くて、悔しくてたまりません。
時計の針は、十四時四十六分を指したままです。でも、時は確実に流れています。
生かされた者として、顔を上げ、常に思いやりの心を持ち、強く、正しく、たくましく生きていかなければなりません。
命の重さを知るには、大きすぎる代償でした。
しかし、苦境にあっても、天を恨まず、運命に耐え、助け合って生きていく事が、これからの、わたくしたちの使命です。
わたくしたちは今、それぞれの新しい人生の一歩を踏み出します。どこにいても、何をしていようとも、この地で、仲間と共有した時を忘れず、宝物として生きていきます。
後輩の皆さん、階上中学校で過ごす「あたりまえ」に思える日々や友達が、いかに貴重なものかを考え、いとおしんで過ごして下さい。
先生方、親身の御指導、ありがとうございました。先生方が、いかにわたくしたちを思って下さっていたか、今になってよく分かります。
地域の皆さん、これまで様々な御支援をいただき、ありがとうございました。これからもよろしくお願い致します。
お父さん、お母さん、家族の皆さん、これからわたくしたちが歩んでいく姿を見守っていて下さい。必ず、よき社会人になります。
わたくしは、この階上中学校の生徒でいられたことを誇りに思います。
最後に、本当に、本当に、ありがとうございました。

平成二十三年三月二十二日
第六十四回卒業生代表  梶原 裕太


 これは宮城県気仙沼市立階上(はしがみ)中学校3年の梶原裕太君が、昨年震災十日後に行われた卒業式で卒業生代表として、、涙を流しながらも歯を食いしばり、最後まで立派に読み切った答辞の全文だ。

 過酷な試練に「天を恨まず」まっすぐに生きようとする姿勢に胸を打たれる。

 今年は、復興元年。ここで我々現代を生きるこの国の人々が頑張らねば、打ちひしがれた昭和20年の夏から逞しく立ちあがった昭和の先人たちに顔向けができない。

 頑張れとか、頑張ろうとか、他人のこともあるが、まずは自分が他人のためにも頑張る。これが今年の最大の我がテーマである。

  
by masami_ws | 2012-01-01 21:40 | 直球勝負!

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月

お気に入りブログ

Go for it! ~...
続 敵は我にあり
京都・ぶら~り・お散歩日和

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

社長・経営者
経営・ビジネス

画像一覧