風ニ負ケヌ草トナリ、雨ニ負ケヌ花ヲ咲カセル。私ハソンナ人間デアリタイ。


by masami_ws

プロフィールを見る
画像一覧

<   2016年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

大人なら大人にしかできない楽しみを持て

 世界には、スマホ片手に都会の街をうろつき、ポケモンを探し回る大人もいれば、自動小銃片手に戦場を駆け、食糧を探し回る少年兵もいる。平和はいいことだが、大人が大人ではなくなる平和って何だろうと思う。

 ということで、今時こんなをこと言うとつまらないオッサンだと言われることを覚悟で、昨日の「今週の朝礼」を掲載します。

この山の頂上にも、なんと皇居にもポケモンはいるらしい。いやはやいやはや、なんだかなあ。
f0054720_09040937.jpg


今週の朝礼「大人なら大人にしかできない楽しみを持て」
 ポケモンGOというネットゲームがついに日本に入ってきてブームになっているようです。皆さんの中で、既にインストールした人はどれくらいいるでしょうか。ただ、ニュースでスマホ片手に色々な場所を歩き回る人たちを見るとちょっと奇妙な感じがします。

 これから子供の夏休みの思い出は、野山での昆虫採集ではなく都会でのポケモン採集になるのかもしれないと思うと複雑な思いもします。しかし一方では、夢のある未来的な遊びとも言えるので、人間の創造性の賜物と称賛すべきところもあるのかもしれません。

 それはさておき、ここからはごくつまらない大人な話をしますが、結論から言うとスマホなどのゲームは大人になったらほどほどに、ということです。これは少年漫画についても言えることですが、子供向けのものはあくまでも子供向けのものと思うのが普通です。

 通勤電車でいい歳をしたオッサンが堂々と少年ジャンプを発売日に夢中で読んでいる。または、日経新聞を読んでいる。皆さんが、ああこの人は大人だな、と思うのは普通どちらでしょう。子供心は忘れてはいけませんが、幼稚なままでいろということではありません。

  少年漫画は、大人になる前に人生をさまざまに疑似体験させてくれる通過儀礼として意味のある物です。「友情」「努力」「勝利」をキーワードとした少年ジャンプ的世界観は、今の日本の社会を健全に支えてくれている精神的バックボーンでもあります。

 また、ゲームもストレス発散という意味では時に役に立つものかもしれません。疑似体験で悪者をやっつけるとか、小さな達成感を得るという体験は悪いことではありません。ただ大人には、本当に倒すべき相手や達成すべきことが現実にあることを忘れてはいけません。

  もう大人なら、息子の買った漫画やゲームをこっそり楽しむくらいにしてほしいのです。いい大人が、少年ジャンプの発売日を心待ちにしている姿、人目も気にせずスマホのゲームに血眼になって熱中している姿。これらは、大人の美意識としてどうでしょうか。

 大人の美意識という言葉に抵抗があれば、例えばそれがビジネスの相手だったり、自分の大きな買い物をするときの営業マンだとしたらどうでしょう。お客の見てないところでは、暇さえあれば漫画やゲームに熱中している、そんな人をあなたは信頼しますか。

 よもや仕事中にゲームをする不届き者は会社にはいないと信じていますが、ポケモンなども話題にとどめて、いい大人がのめりこむようなことのないようくれぐれもお願いしたいと思います。大人なら大人にしか出来ない楽しみを見つけてほしいと思うのです。

by masami_ws | 2016-07-26 06:30 | 内角高め158㎞

難事に接してわかる日本人の真価

 毎週月曜早朝、特定の方だけに配信している「今週の朝礼」を今日は鎮魂の祈りを込めて、転載致します。



f0054720_09404573.jpg


 バングラデシュの首都ダッカで起こったテロ事件で、7人の日本人の命が奪われました。今回犠牲になったのは観光客ではなく、国際協力事業として現地のインフラ整備などのために働いていた方々でした。ですからこれは殉職と言っていい出来事です。



 日本人の代表として現地の人々のために平和的な献身努力をしてきた善意に対する余りにも酷い無理解と誤解が招いたテロには言葉を失います。しかしこうした事件に屈して、我が国の世界貢献への純粋な思いが挫(くじ)かれることがないことを祈りたいと思います。



 旧ソ連とアメリカは、アフガニスタンで始めた代理戦争によって、タリバン、アルカイーダ、イスラム国などの過激組織を育てるきっかけを作りました。一方日本人は、その戦いの大地アフガニスタンで、畑を耕し種を植え農作物を育てる術(すべ)を教えてきました。



 2008年そのために尽力していた伊藤和也さんという31歳の若者は、テロリストに拉致され銃で撃たれて亡くなりました。しかしその伊藤さんらの努力で、かつての荒れ果てた土地に、今では豊かな菜の花畑が広がり、苺やトマトなどが収穫されるようになりました。



 こうした活動の中心にあるJICA国際協力機構については、上のほうについては政治的匂いや役人の天下り先などの批判もあります。しかし、少なくともそこでプロパーとして働き海外へ出て活躍している人々には純粋な思いがあることもまた間違いないことです。



 今、世界各国では外国のことなどにかまわず、自国民さえ幸福になれば良いのだという「内向き」の考えが幅を利かせ人気を集めています。日本でも、平和的支援活動に行って殺されたのでは間尺に合わないないからやめてしまえという意見があるのも事実です。



 しかし、幸か不幸か天が日本人に与えた気質の中には、おせっかいでお人よし、困っている者を見過ごせないという性質があります。また良きにつけ悪しきにつけ、忍耐強く勤勉に真面目に命懸けで働くということにかけても世界に類例のない国民性を持っています。



 その上、悲しみや怒りや恨みなどの感情を暴発させずにぎりぎりで耐える感性も多くの日本人が持っています。犯罪や天災の被害に遭った人や家族の言葉、夫が重大な罪と裏切りを犯したにも拘らず取り乱すことなく毅然と堪える妻の姿などを見るとよく解ります。


 天が私たち日本人に与えたもうた仕事は何か。荒涼たる大地だったアフガニスタンに広がる菜の花畑の映像を見ると、ひとりの日本人青年が描いた夢が、あきらめずに追い求めた夢が、命は果てても生き続けた夢が、私達の心に伝わってくるような気がします。



by masami_ws | 2016-07-04 10:02 | 鎮魂の辞

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月

お気に入りブログ

Go for it! ~...
続 敵は我にあり
京都・ぶら~り・お散歩日和

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

社長・経営者
経営・ビジネス

画像一覧