風ニ負ケヌ草トナリ、雨ニ負ケヌ花ヲ咲カセル。私ハソンナ人間デアリタイ。


by masami_ws

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

軍歌の哀しさ

 陸軍士官学校で航空士官としての教育を受けた亡き父は、風呂に入ると必ず「エンジ~ンのぉおぉと~」と加藤隼戦闘隊の歌を口ずさんでいた。
 この歌は、正式には「陸軍飛行第64戦隊隊歌」といって戦時歌謡の類ではなくれっきとした軍歌だが、大東亜戦争緒戦の昭和17年5月に散った軍神加藤建夫中佐(戦死後二階級特進で少将)を描いた昭和18年の東宝映画「加藤隼戦闘隊」で有名になり、当時の青少年の間で愛唱された。
 ちなみに、昭和17年生れで名前に「建」の字が使われている人は、この加藤建夫の一字を貰ったという人が多い。

エンジンの音 轟々(ごうごう)と
隼は行く 雲の果て
翼に輝く日の丸と
胸に描きし赤鷲の
印は我らが戦闘機

寒風酷暑 ものかわと
艱難辛苦乗り越えて
整備に当たる兵(つわもの)の
しっかりやって来てくれと
愛機に祈る親心

過ぎし幾多の空中戦
銃弾唸るその中で
必ず勝つの信念と
死なば共にと団結の
心で握る操縦桿

 干戈(かんか)交うる幾星霜
 七度重なる感状の
 勲(いさお)の陰に涙あり
 嗚呼今は亡きもののふの
 笑って散ったその心

世界に誇る荒鷲の
翼伸ばせし幾千里
輝く伝統受け継ぎて
共に興さん大亜細亜
進むは皇軍戦闘隊


戦争を賛美するつもりはない。だがプロの音楽家ではなく、この64戦隊の隊員によって作詞作曲されたこの歌を口ずさむたび、何とも言えない哀しさを押さえきれない。
 作詞作曲をした隊士たちもまた戦火に散っている。
f0054720_2251620.jpg
知ったかぶりしてゼロ戦などと言うな!ゼロ戦は三菱が開発した海軍の戦闘機で、この「隼」(正式には陸軍一式戦闘機)は陸軍の戦闘機。中島飛行機(戦後の旧プリンスや富士重工)が開発した。
by masami_ws | 2006-11-17 22:10 | ここはチェンジアップ

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月

お気に入りブログ

Go for it! ~...
続 敵は我にあり
京都・ぶら~り・お散歩日和

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

社長・経営者
経営・ビジネス

画像一覧