風ニ負ケヌ草トナリ、雨ニ負ケヌ花ヲ咲カセル。私ハソンナ人間デアリタイ。


by masami_ws

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ:ナゾの変化球( 36 )

偶然を必然にする努力

 創業経営者が、なぜその業界・仕事を選んだのか。
もちろん、その仕事が好きで、最初から志してその道に入った人というのもいる。しかしそれは実は少数派だ。

 多くの人が理由として上げる第一位は、他愛もないこと… 「たまたま最初にした仕事だったから」。つまり
仕事をしているうちに、その深さと面白味を知りのめりこんで行った、という人が多いのだ。

 日本では、現在恋愛結婚の離婚率は40%に迫る勢いだというが、意外にも見合い結婚のそれは10%を下回る好結果だという。愛が盛り上がったところからスタートするも、結婚するといろいろ相手のアラが見えてきて情が育たない恋愛結婚。それに対して、お互い偶然の出会いから愛を育て、やがてそれが情を育む見合い結婚のほうが上手くいくということなのだろう。

 偶然を必然にする。実はこのことが、人生をプラスに導く第一歩だ。
たまたま手にした仕事、たまたま入った会社、たまたま出会った人、そして時にはたまたま出会った不幸や不運、そんなものまでも全て自分に必要なものだったのだ、と感じながら明日を生きること。それこそが、私たちを幸せに導く最大の要因なのだ。

 日ハムに指名された菅野クンは、その偶然に逆らって一浪し、来年のドラフトのクジという偶然にまた賭けるらしい。うーむ、考え方だからとやかくは言うまい。
 ただ、多くの成功者の例では、日ハムの指名という意外な偶然を受け入れて、やがてそれを必然に変えていく…「あのことがあったから今日の成功がある」と…というのが成功パターンだ。

 だいたい、叔父さんが監督(=社長)をしている会社にコネで入った甥っ子など、おべんちゃらの取り巻きと玉の輿を狙うOLたちにちやほやされて成長できるはずがない。
 「悪いことは言わない、菅野クン。君は敢えて日ハムという偶然を必然に変えられるか。それだけのことさ」

 
by masami_ws | 2011-11-04 23:57 | ナゾの変化球

おまんら、こがな本、知っちゅう

f0054720_1418655.jpg

 高知に移住した3KMインストラクター「白石のお母さん」から、こんな本が送られてきた。
開いてみると、共通語と土佐弁の辞書(和土辞典)なども付いていて、土佐人の精神的、文化的背景から言語学的考察も含め、結構まじめに書かれた土佐弁の解説書になっている。

 笑えるのがこの本の「取扱説明書」の「こんなときは、ここを読む」ページというページ。

・役者として坂本龍馬を演じることになった
・土佐でビジネスをしたい
・土佐人の恋人ができた
・高知県知事に立候補したい
・映画やドラマで土佐弁を使いたい
・土佐の小説を書くことになった

などの用途によって、どこのページを読むべきかなどを丁寧に書いている。
f0054720_15122037.jpg

 うーむ、坂本龍馬を演じることになったり、高知県知事に立候補したいなどという人が、この世にどれほどいるのかはわからんが、折からの龍馬ブームもあるので意外と役立つかも知れない。(ホントか?)

 例題にあった土佐弁をひとつ。

「呑んだらいかんろう」
「なっちゃー呑みよらせん、ねぶりゆうばーぢゃ」
(共通語訳「呑んではいけないでしょ」「いや、呑んでない、舐めてるだけだよ」)

今度、使ってみよう。
by masami_ws | 2010-02-08 15:25 | ナゾの変化球

「ヤレ具合がいい」見本

 店にクルマが突っ込んだのではない。店から古いトラックの顔が突き出しているのだ。もちろんホンモノ。ディズニー映画の「Cars」にも錆だらけの古いトラックが出てくるが、これはホンモノ。
f0054720_1247747.jpg
 物が使い込まれて痛んでくることを、俗に「ヤレる」と言う。このヤレ具合で勝負するものの代表はジーンズ。新品などカッコ悪くて穿けないから、早くヤレ感が出るようにワイヤーブラシで擦ったりする輩もいるらしい。

 このところ気になるのは、製品として最初からこの「ヤレ」を工業的に仕込んだ製品が見られるということだ。つばの先をわざとほつれさせて芯が見えそうになっているキャップとか、ギターではエリック・クラプトンの愛器「ブラッキー」のコピー品が売られていたりもする。
 ボディーの小さなラッカーのはがれから、よく演奏中にヘッドのペグのところにタバコを挟むため、その部分が焦げているところまで再現しているからすごい。

 ただ、感心はするがこんなものはホンモノではないと、心のどこかで思う。実際に使い込まれていくうちについたキズに意味があるのであって、ヤレは細工してつけるものではないと。
 やはり、貫禄や年季の入った様子は金で買えるようなものではないだろう。
f0054720_1250094.jpg
 この錆びたトラックの顔を見ていてしみじみ思うことは、せいぜいオイラもこのトラックのように「ヤレ具合」のよいおっさんになりたいということ。最近、一気に増えだした白髪など気にしているうちはまだまだ修業が足りないということだろうか。
 
by masami_ws | 2009-04-25 12:47 | ナゾの変化球

君はバンデル星人か?

 さっき、電車の中で奇妙なものを見た。
 裾の直径が60センチはあろうかと思われるニッカボッカを思いっ切りずり下げて腰穿きで穿いているのを見たのだ。どう見ても見習いになりたてのような小柄な少年だったが、粋な鳶の姿にあこがれて張り切って「虎壱」か何かのニッカボッカを買ったのだろうが、裾が広がりすぎて「殿中でござる」状態。いやはや。
 虎壱の親父が見たら怒るぞ、それ。

 この腰穿きは、スーツ姿でも見られる。新入社員がせっかくいいスーツを買っても、腰穿き状態でパンツの長さを切っているから、ベルトを普通の位置に上げさせるとくるぶしが見えるほど短い。新入社員研修で、講師が呆れた話を聞いたことがある。

 うーむ、困ったものである。
by masami_ws | 2009-04-20 07:14 | ナゾの変化球

来たぞ、ねんきん定期便

 今月が誕生日なので、今年度から実施の「ねんきん定期便」が着いた。
どんなもんかとたいして期待はしていなかったものの、社会人となってからの毎月の収入がだいたいわかる一覧表がついているのが気に入った。
f0054720_23341168.jpg
 じっくり眺めて行くと、あああの年はこんなことがあったなあ、などと感慨も新ただった。
by masami_ws | 2009-04-06 23:37 | ナゾの変化球

新会社 社名で難航中

 実は、新会社設立のためバタバタと走り回っている。
今年末までには立ち上げる予定で、登記の手続きを急がなければならない。
研修などの通常の業務も疎かにはできない上に、資金の準備やら新事務所の選定やらに時間がとられどうも停滞気味だ。

 なかでも新会社の社名をどうするか。これはなかなか難問で、これから一生(のつもり)使う名前をどう付けるかは、我が子の名前と同じように迷う。他人の子どもの名前なら次から次へ思いつくのだが、会社名となると…いっそ株式会社オバマなんて付けようかと本気で考え出す始末。

 うーむ、うーむ、うーむ、創造性の枯渇だあ!誰かいい智恵はないものか。こうなったら動物園で何かの赤ちゃんが生まれると必ず行われる名前募集でもしてみるかなあ。
f0054720_1645388.jpg

右からしろあん、つぶあん、こしあん、我ながら冴えた命名だ
by masami_ws | 2008-11-05 16:47 | ナゾの変化球

1ヵ月以上登板しなかったナゾ!

 いやはやいやはや、遠くオハイオのNOBさんから

「入院している場合ではない」

と励ましのお言葉もいただいてしまった。

 そうだそうだ入院している場合ではない、と本当は入院もしていないのに激しくウナヅきつつ、

(そおかそおか、一ヶ月間のブランクは入院していたということにしよう)

とズルい考えも浮かんだ。

 だが、それではこの一ヶ月間、あちこち出歩いて会った人や一緒に酒を飲んだりした人にはなんと説明するのか?

 思えば2001年秋から「中川理巳の直球勝負」としてスタート以来、ツレヅレなるままに続けてきた日記を一ヶ月もサボったのは初めてのことだ。

 実は、その理由というのは、あるにはある。いや、思わせぶりを書いているのではない。本当に少し驚かれるようなことがあるのだが、今の段階ではまだ発表できない。

 ち、ちょっと待て!早とちりのオフクロも読んでいるようなので言っておくが、何か悪いことというわけではない。とにかく、もう少しこのナゾは引っ張るので、楽しみにしていてくれい!
f0054720_23432250.jpg
「すみません、母さん、やっと取調べが終わりました」(ウソウソ)
by masami_ws | 2008-10-27 23:28 | ナゾの変化球

きつ~い一冊

 五月末だったと思う。ちょうど札幌から土屋会長が来ている日に、朝礼の3分間スピーチで当番のチャン社員が本の紹介をした。

 その名も「バカ社長論」
それを聞いていた土屋会長、ニヤニヤしながら出張用カバンの中から同じ本を引っ張り出す。それを見て、オイラもとなりでカバンから同じ本を引っ張り出す。
 いやはや、狭い事務所の中に3冊も同じ本があるということは、ベストセラーになるはずだわなあ。

 ということで、スマッシュヒット的に面白かったこの本、バカ社長、バカ幹部について
「わっはっはっはっいるいるいるいる、こんな奴!」
と笑ってられるうちは良いのだが、
「あれっ?ちょっと待て、それって俺のことか?」
という部分も大いにあったりしてなかなかにキツい。

 というわけで、絶対部下には読ませたくない一冊と思っていたら、チャンにはもう読まれていた。いやはや、まいったまいった。
f0054720_2213106.jpg

by masami_ws | 2008-07-04 22:13 | ナゾの変化球

?非営利株式会社?

 先週、高松のOサカ社長を久しぶりに訪ねた。家電販売業界では知る人ぞ知る辣腕経営者だ。
 そのOサカ氏がファウンダーとなって設立したのが

 「非営利株式会社」
f0054720_22423040.jpg
 NPO(ノン・プロフィット・オーガナイゼーション=非営利特定団体)ではない。ノン・プロフィット・カンパニーだからNPCだ。

 わかりやすく言うと、会社のルールの中に利益は全て社会のために使ってしまうという条項があるのだが、法的に認められた日本初、いやもしかすると世界初の非営利株式会社なのだ。

 Oサカ氏には土屋経営幹部教室のゲスト講師としてのご出講をお願いしている。ぜひ楽しみにしていただきたい。
by masami_ws | 2008-06-09 22:43 | ナゾの変化球

教えてやるべきか?…アーモンドの仇をイクラでとる話

 昨日、久しぶりに事務所で仕事をしていたら、お昼過ぎに当社の辣腕マネージャーKタオカAツコが何かの用でデスクに近づいてきた。アゴに何かくっつけて!

 部下に思いやりのあるオイラが「なんかついてるよ」と教えてやったら、慌てて取ったのは昼の弁当に入っていたというイクラの皮?おいおいおい、昼間っから豪華な弁当食べてるなあ…

 それで、思い出したことがあった。もう10年以上前のこと、出張先から帰った羽田で昼食にピザを食べたことがある。当時「アマートアマート」という美味しいイタリアンレストランがあって、極薄の生地に大量のよく冷えたレタスやパプリカ、浅葱とスモークサーモンを乗せアーモンドスライスとマヨネーズがかかったピザが美味しかった。

 最初はどうやって食べるのだろうと戸惑ったのだが、ANAのアテンダントたちが中心から一切れずつフォークで巻いて食べるのを見て、オイラも結構カッコよく食べられるようになっていたものだ。だいたい、今より15キロもスリムで、Y体のスーツを着ていたオイラにはぴったりのスマートな昼食だった。

 颯爽と昼食を終えモノレールに飛び乗り向かった先は、午後会合が行われる予定の天王洲アイルのMIビル。天王洲アイル駅ででKタオカマネージャーと待ち合わせてビルに入り25階までエレベーターに乗って降りる間際、彼女が

「さっきから何かなあと思ったんですけど、おでこに何かついてますよ」

 なになにと自分で額に手をやるとハラリとそれが落ちた。それはきれいな花びらのようなアーモンドスライスの一片。推測するに、さっき羽田で食べたピザの上に乗っていたものが紙製のおしぼりについて、それで額の汗を拭ったときに付着したらしい。
 そしてオイラはそれをおでこに貼り付けたまま、羽田から天王洲アイルまでモノレールにすました顔でカッコつけて乗ってきたということ。

 しかも、すぐに教えてくれればいいものを「上司に思いやりのない」マネージャーはエレベーターに乗って25階に着くまでそのことをややしばらく教えてくれなかったのだ。

 うーむ、それを思い出すと、アーモンドの仇をイクラで取るわけではないが昨日あっさりイクラの皮がついていることを教えてやったのがちょっと惜しい気もする。

部下に思いやりのあるオイラは、この上司使いの荒いマネージャーがご飯粒や納豆などを顔につけてくるときを今度こそはと待っているのである。
f0054720_23363611.jpg
本文とはまったくカンケーないが日本一美味しいピザを食べさせる松山のマルブン・イタリアンレストランの謎の日系イタリア人MナベTケシ氏
by masami_ws | 2007-11-27 23:39 | ナゾの変化球

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月

お気に入りブログ

Go for it! ~...
続 敵は我にあり
京都・ぶら~り・お散歩日和

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

社長・経営者
経営・ビジネス

画像一覧